効果的な勉強方法が知りたい高校1年生へ!中間テスト対策のポイント


過酷な高校受験を突破し、環境がガラリと変わる中で行われるのが、高校1年生の中間テストです。そこで大きくつまずいてしまう人が少なからずいます。

中学時代はそれほど悪い成績ではなかったのにもかかわらず、高校生になってから初めてのテストでは成績が振るわないということも。そのような失敗をするのはいったい何が原因で、どのような勉強法を行えば成績が盛り返せるのでしょうか?

この記事では、高校で初めての中間テストが振るわなかった、悩める高校1年生の疑問を解決していきたいと思います。

中学と高校の勉強はスピードが違う

高校の中間テストで失敗する高校1年生には、しばしば似た傾向が見られます。それは高校に入っても、まだ中学時代の勉強方法や勉強時間を続けているということです。高校の授業は中学と比べて一般的に進み方が早く、授業数や科目数も増えていきます。

授業の専門性も高まります。例えば英語では覚える単語やフレーズの数が中学に比べて増えるため、より難度の高い表現ができる分勉強をしっかりしなくてはなりません。

授業にしっかりついていくためには予習復習をしっかり行い、毎回の授業をきちんと理解しておく必要があります。中学校時代は予習や復習をしなくても授業についていけたという人も、高校では周りについていけなくなる可能性があるので注意しましょう。

高校と中学は授業のスピードも量も違うのだということを、まずは理解しておいてください。

教科数が多く範囲も広い

中学校は、全国一律で教科数が統一されています。テストを受ける科目は、国語・社会・数学・理科・保健体育・技術家庭・外国語が基本です。場合によっては音楽や美術のペーパーテストが実施されることもあります。

中学校でテストを伴う教科は基本的に以上のものだけですが、高校では各教科が細分化されるため、中間テストを受ける教科の数が多くなります。

たとえば社会は地理歴史と公民に分かれ、地理歴史はさらに世界史、日本史、地理に、公民は倫理と政治・経済に分かれます。理科も生物、化学、物理、地学などに細分化されていきます。入学する科によっては、専門分野に関するテストもあることでしょう。

このように細かく分野別に分かれると必然的に受ける教科が多くなり、その分テスト勉強をする範囲も広くなります。中学時代にはテスト勉強をせずに、一夜漬けでテストを乗り切っていたという場合でも、高校では一夜漬けで良い点を得ることが難しいといえます。

科目数が増えれば増えるほど1教科あたりに割ける時間が短くなり、とても一夜漬けでは対応できなくなるからです。

高校生の中間テスト対策は、しっかりと計画的に行うことが望まれます。

レベルが近い学生が揃っている

高校と中学の大きな違いには、受験を経て入学をしているかどうかということもあります。中学では同じ区域に住む学生たちが集められるため、勉強が得意な人も苦手な人も同じクラスにひとまとめにされます。

しかし、高校は受験をすることで同程度のレベルの学生たちが集まるような仕組みとなっています。そのため中学時代は真ん中の成績だった人も、高校では真ん中よりも成績が上がったり下がったりすることは珍しくありません。

同レベルの人たちで順位を競うと、ほんの少し失敗しただけで大きく順位が変わります。このこともまた、高校1年生が初めての中間テストで挫折感を味わってしまう原因となっています。

また入学した高校のレベルによっては、中学時代よりも問題の難易度が大幅に上がります。特に受験勉強で努力して自分のランクよりも上の高校に入学した場合は、中間テストでの成績が振るわないというケースがよく見られます。

高校では同程度のレベルの中で成績の上位と下位が決まるので、より一層競争が厳しくなる場合もあることは頭に入れておくとよいでしょう。

中学時代の苦手は先に克服

高校1年生が中間テストでつまずかないためにできる対策として、中学校時代に苦手だった教科をあらかじめ克服しておくことが挙げられます。

高校の授業は中学よりも難しくなるため、苦手な科目を苦手なままにしておくと、初めの授業からついていけない恐れが出てきます。中学と高校は別のものだという意識があるかもしれませんが、実際は中学の勉強の延長戦上に高校の勉強が成り立っているのが事実です。

このことを無視したまま高校生になってしまうと、はじめの中間テストだけではなく今後の高校生活に影響を与えてしまいかねません。高校のレベルによっては、いきなり難易度の高い授業を受ける可能性もあります。

苦手な科目が原因で高校生活が暗いものになってしまわないよう、できるだけ早いうちに苦手教科の克服をしておくことが大切です。

まとめ

高校は中学とは違い、授業やテストの難易度が大きく上がります。勉強を怠けていると周りからどんどん差をつけられていく可能性が高いので、高校のテスト対策は準備万端で臨む必要があります。

今回の記事を読んで高校の授業に対して恐れを抱いた人もいるかもしれませんが、高校は同じレベルの学生が集まっているのですから、気後れする必要はありません。その高校に入学できたということは、高校が行う授業にもついていけるはずだという証です。

事前に対策を練り、自信をもって中間テストに臨んでください。