合格は高2の勉強で決まる?受験に向けて今からやっておくべきこと。


今回は高校2年生の皆さんを対象にした記事です。

高校2年生の皆さんは、「大学受験なんてまだまだ先の話だし、何をどのように勉強すればいいのかわからないよ〜」なんて人も多いのではないでしょうか。

中間試験や期末試験などに向けての勉強はしっかりとしていても、「結局、定期テストの勉強と受験勉強って別物でしょ?」なんて考えてしまっている方もいるかもしれません。

しかし実は、高校2年生の内からしっかりと計画を立てて勉強を進めておけば、いざ受験生になったとき、大いに役立ちます。

高3になってから慌てないためにも、「高校2年生のうちからやっておきたい勉強法」について、知っておきましょう。

自分の実力を知る

高校2年生の段階では、「大学には進学することはとりあえず決めているけど、志望校までは決められていない」という状況も十分にありえることです。

今後の学校の定期テストの順位をもとに、自分の実力を測り、志望校をこれから絞っていこうと考える人もいるかもしれません。

確かに、志望校を決める上で自分の実力を知ることは非常に重要ですし、定期テストの結果を見れば、得意・不得意な科目も見えてきます。

しかし、受験を考えているなら、学内だけでなく全国の順位にも目を広げてみることが重要です。実際の大学受験で合格を争うのは全国の受験生であって、学内のポジションだけでは合否を推し量ることはできないからです。

たとえ皆さんが今学内でトップの順位をとっていても、全国にはそれ以上の実力を持つ人がいてもおかしくはないのです。全国模試などにチャレンジし、本当の意味での自分の実力を知るようにしましょう。

その上で自分には何が足りないのかを考えれば、受験に向けて効率的な勉強ができるのではないでしょうか。

もちろん高校2年生の段階ではまだまだ伸び代がありますから、模試の結果が悪いからといって必要以上に落ち込んだりすることはありません。

反対に高得点を取れたとしても、周囲はまだ受験に対して本腰を入れていない状態ですから、油断は禁物です。あくまで自分の現状を知るための手段と考えましょう。

ターゲットを決める

 

「勉強しよう」と一念発起したら、まずは受験に向けての計画を立てましょう。大学受験では選ぶ大学、学部によって受験科目が違います

例を挙げれば、私立文系なら国語と地歴公民のいずれか、そして英語のみで受験することが可能です。しかし国公立の文系大学を目指すとなると話はまったく変わってきます。国公立の多くはセンター試験で5教科以上を課すので、文系科目も理系科目も勉強しなければなりません。

このように受験する大学によって必要な科目は変わってくるので、無計画に勉強をしていると、せっかくの努力が無駄になってしまうこともあります。

ぼんやりとでもいいので、自分の進む道を決め、それに沿った勉強をすることが合格への近道となります。

教科ごとの目標を定める

仮であっても志望校を決めると、合格に向けて自分がどんな勉強をすべきなのか見えてきます。高校3年生の冬に向けてスケジュールが立てやすくなり、効率的に勉強を進められるようになるでしょう。

この時大切なのは、それぞれの科目に対し具体的な目標を定めることです。受験の時期から逆算し、高校2年生のうちにできることから考えてみましょう。

たとえば英語なら、「高校3年生の10月までに英単語1900を覚える」という目標を立てたとします。この目標を本当に叶えるために逆算すると、「高校2年生の終わりまでにその半分覚える」ことが中間目標となり、さらにその中間目標を逆算すると、「それなら今月は100個覚える必要があるな」といった「今やるべきこと」が見えてきます。

このような方法で、教科ごとに段階を踏んで勉強していくと、自分の成長を感じやすく、モチベーションも保ちやすくなります。

この勉強方法ができるのは、高校2年という時間に余裕がある時期だからこそです。

これが高校3年生の夏になってしまうと、受験まで残りわずかな時間の中で計画を立てねばならず、どこかで無理が生じてしまうかもしれません。

高校2年生のうちから自分なりの勉強のペースを作り、いざ受験生になっても慌てずに済むように準備しておきたいものです。

応用より基礎力の強化

 

大学受験ではさまざまな問題が出されますが、基本的には高校3年間の学習内容から出題されます。中には高校2年生までの間で学んだ知識だけでは解けない問題もありますので、いきなり過去問に取り組むのは時期尚早といえるでしょう。

それよりも、高校2年生のうちは基礎力を固めることが重要です。基礎ができていないと応用問題は解けません。

たとえば英単語や英文法に自信がない人が、英語長文の問題を解くことができるでしょうか。おそらく文章の意味を正確に取ることができず、満足のいく結果を出しにくいでしょう。

そうなると何となく「できなかった」という印象だけが残り、得られるものも達成感も少なくなってしまいます。モチベーションの低下にもつながりかねませんので、こういった事態は避けるべきといえます。

まずはこれまでの勉強で学んだことを復習し、できている部分とそうでない部分を明らかにして、しっかりと知識を定着させることが重要です。

まとめ

高校2年生は受験に向け、現状把握とプラン作りにぴったりな時期です。仮にでもいいので志望校を決め、その合格に向けて足りない部分と取り組むべき勉強について考えてみましょう。

教科ごとに目標を定め、しっかりと基礎力を固めていけば、いざ受験生になったときにも慌てず受験勉強に取り組めるはずです。

きちんと目標や計画をこなしていけば学力アップも期待でき、そうなれば志望校選びの幅も広がります。自身の将来のためにも、高校2年生という時期を実りあるものにしましょう。