古文の基礎を押さえる!基礎固めの方法とポイントまとめ

古文の基礎を押さえる!基礎固めの方法とポイントまとめ

古文が苦手という人は、勉強法がわからずに苦戦している人が多いのではないでしょうか。古文の勉強法は、まず基礎をしっかりとマスターすることが大切です。

そもそも古文は、もともと日本で使われていた言葉です。もちろん現代とは文法や単語が異なる部分も多いですが、基本的な部分はほとんど変わりません。

そのため、現代語とは違う部分を重点的に勉強することが欠かせないのです。現代語と違う部分こそ、古文の基礎そのものになります。

今回は古文の基礎を固めるための勉強法や学習するにあたってのポイントについて解説します。

基礎ができていなければ古文の応用には対応できない!

日本の昔の言葉である古文は現代とは語法が異なる部分が少なくありません。

そのため、フィーリングで古文を読もうとすると感覚的には理解できた気になるかもしれませんが試験問題を解くことに関しては難しいといわざるをえないでしょう。

試験というのは学んだ知識を応用させるということに目的があります。しかし、基礎的な知識を持っていなければ、それを応用させて問題に答えることなどできるはずがありません。

古文で書かれている文章がまったく理解できないのは基礎知識を持たずに文章を読もうとしてしまっているからです。それだけに、基礎を固めることはとても大切です。

難しい問題をいきなり解くことは誰にもできません。古文は今使われている言葉ではないからこそ、まずは基礎固めをしっかりした上で、それを知識として定着させるというのが勉強の基礎になります。

基礎固めのための古文勉強法

基礎固めが大事とはいえ、その基礎を学ぶために何から始めて良いかわからないという人も多いのではないでしょうか。具体的にどのように勉強したら良いのかをみていきましょう。

基礎学習は暗記

簡単にいってしまえば、古文の基礎学習は暗記です。

古文では現代では使われない言葉や現代語の語法にはない文法などが多く出てきます。

つまり、「古文の単語を覚えること」と「古文の文法を覚えること」が、この科目をマスターするための最も基礎的な学習になるということです。

たとえば「なべて」という古文の単語があります。これがどういう意味を表す単語なのかわからなければ古文で書かれた文章も読み進めることができなくなってしまいます。

同じ日本語でも古文にはこのような単語がたくさん出てきます。まずは、こうした単語や古文特有の文法を学び文章が読めるようにするのが古文の基礎です。

「なべて」は「ふつう」「すべて」という意味の言葉です。

応用学習は問題集で

単語と文法を覚えたら問題集を使って応用力を鍛えていってください。

問題集の問いに答えることで自分が本当に基礎知識を身につけられているかどうかを確認することができます。

基礎を覚えて問題集で確認することを繰り返してアウトプットすることをしましょう。

単語・文法→問題集の繰り返しを行うことで、古文の基本が体に染み付いてくるはずです。

基礎を身に付けるための参考書の使い方

古文の基礎を身につけるためには参考書の力を借りるのが賢明です。参考書の選び方にもポイントがあります。

レベル・目的にあった参考書を選ぶ

参考書を買うときは、自分の今のレベルにあった参考書を選ぶようにしましょう。

参考書にはそれぞれレベルが設定されています。まだ基礎段階の勉強なのにレベルの高い参考書を買ってしまうと内容が理解できずに途中で断念してしまうこともあるかもしれません。

また、目的に沿った参考書を買うことも大切です。

古文の単語を覚えたいなら単語学習に特化した参考書を買って勉強するなど自分のレベルと目的に合わせた参考書を選ぶように心がけてください。

日頃の勉強に役立つ!古文の参考書おすすめ5選

2017.11.15

解説にきちんと目を通す

参考書の読み方については、きちんと解説に目を通すことが何よりも大切です

とりわけ問題がついている参考書は問題が解けたら解説を見ないという人も少なくありません。

しかし、勉強で大事なのは、ただ問いに答えるということではありません。自分がどのように解答したのか、そのプロセスを確認することが重要なのです。

そのため、わかっている問題でも、しっかりと解説に目を通してください。

練習問題と実践問題を反復する

ある程度基礎知識が身についてきたら、積極的に問題に挑戦していきましょう。

まずは練習問題から始めて、徐々に実践的な難しい問題にも取り組んでいってください。

練習問題は多くが基礎知識を活用することで解答できるはずです。そのため練習問題をすることで基礎知識の確認をすることができます。

一方、実践問題は難易度が高いので腕試しのような感覚で解いていくのが良いでしょう。もしそこで間違いが多ければ、もう1度基礎から見直してみてください。

これを繰り返していくことで、古文の問題の解き方も徐々に身についていくはずです。

文法は特に重要!覚えるべき項目は?

古文の文法は決して難易度の高いものではありませんが、基礎ができていないと答えることが難しい問題も試験には良く出てきます。

そのため、文法の基礎はしっかりと理解しておきたいところです。文法で特に気をつけるべきポイントについて見ていきましょう。

品詞の種類

古文の文法でまず覚えておきたいのは品詞の種類です。

「その単語が動詞なのか」「助動詞なのか」、また「形容詞なのか」「名詞なのか」といったことは文法の基礎であり、王道でもあります。

特に動詞・助動詞・形容詞・名詞・副詞は、古文の内容を理解するうえで重要なので覚えておきましょう。

連体形と連用形の違い

連体形と連用形の違いも学習しておいてください。未然形や終止形などといった活用法は基本的に中学校で学ぶので高校の古文では学習しません。

しかし、こうした活用形の基礎が理解できていないと古文そのものもわからなくなってしまいます

特に連体形と連用形は間違えやすいので、きちんと違いを理解しておくことが大切です。

動詞の活用

動詞の活用については読解上それほど重要でない下一段や上一段などを覚えようとして挫折することが少なくありません。

古文の文法では、下二段型や四段型を覚える方が効率的ですので、動詞の活用を覚える際は気をつけてください。

サ変・ラ変活用と形容詞の活用

他にもサ変やラ変活用や形容詞の活用なども古文の文法では重要です。

サ変などは下二段と活用の仕方が似ているため、忘れそうになったら下二段活用を思い出すなど覚えやすいように勉強しましょう。

古文学習の手引き!勉強に必要となる基本的な知識情報

2017.11.17

文法が習得できた後の勉強の進め方

古文は単語と文法さえ理解できれば文章を読解する基礎的な知識が身についたことになります。ただ、古文でとりわけ難しいのが助動詞です。

助動詞は、古文の内容を深く理解するために欠かせない知識といえます。受験でも出題されることが多い傾向なので、ぜひともマスターしておきたい項目です。

古文の助動詞は全部で28個しかありません。そのため、すべて覚えるのにそこまで時間はかからないはずです。助動詞を覚える替え歌などもあるので参考書などを見てしっかり覚えておいてください。

何度もいうように、古文では基礎がとても大切になります。しかし基礎を身につければ問題がすべて解けるようになるわけでもありません。

試験問題にはさまざまな種類があります。知識を応用させないと解けない問題もあるでしょう。そうした問題を解くためには問題を解くことに慣れておくことが大切です。

基礎的な知識が身についたら応用問題のある問題集を解いて着実に力をつけていってください。そうすることで、さまざまな問題にあわてず対応することができるようになります。

古文読解重視!おすすめの勉強法と参考書を紹介

2017.11.18

まとめ

高校の古文では基礎を徹底して勉強することが一番の近道になります。

確かに基礎学習は単語の暗記や文法の習得など退屈な勉強が多いかもしれません。しかし、まずは根気よく基礎知識の習熟に努めてみてください。

古文の基礎は単に高校の試験のみに役立つものではありません。その先の受験勉強にも基礎知識はきっと貢献してくれます。

受験の古文を攻略するためにも、基礎知識の充実は欠かせません。退屈だからと毛嫌いせず、将来のためにもしっかりと基礎を身につけましょう。

あわせて読みたい記事

古文の文法の重要性!身に付けるべき基礎知識と勉強法は?

2017.11.19

古文の勉強のコツやテクニックを網羅!読解に役立つ勉強法まとめ

2017.11.17

古文の解き方を教えて!読解力を鍛えるコツを紹介

2017.11.17

古文の苦手意識をなくす!克服のための勉強法とおすすめ参考書

2017.11.16