古文の定期テスト対策!試験向けの勉強法まとめ

古文の定期テスト対策!試験向けの勉強法まとめ

古文が受験科目ではない人は自分に必要ない科目だと考えている人もいるかもしれませんが、多くの高校生にとって定期テストでは避けられない科目ではないでしょうか?

学校での定期テストは内申点にもひびきますし、満点を目指すまでいかなくてもある程度の点数を取る必要があります。

しかし勉強するなら受験に必要な科目に勉強時間を割きたいですし、なにより古文を勉強するモチベーションが上がらない人もいるでしょう。

そこで定期試験に特化した勉強法を身につけ効率よく点数を取れるようにしましょう。古文が入試で必要な方も必見です。

古文の定期テストで高得点を取るポイント

短時間で定期テストの点数が取れるようになるには出題される問題を熟知することが大切だといえます。

1.現代語訳を覚える

基本的に定期テストで出題される文章は教科書から抜き出したものです。

今までの定期テストが教科書の文章を使って出題されている人は特にこの現代語訳をマスターしましょう。

単語を1から覚えることは時間がかかりますし定期テストでしか古文を使わない人にとってはやりたくありません。現代語訳を覚えておくことでおおよその単語の意味はわかりますし内容を問われる問題ではすぐに解答できます。

2.文法を把握する

文章中に出てくるものだけで良いので目を通しておきましょう。

特に大事なものは教科書や参考書で取り上げられているはずですので、それらを中心に覚えることが重要といえます。

3.教科書ガイドを活用する

わからないところがあっても調べることが面倒なときは現代語訳や重要なポイントなどをまとめている教科書ガイドを横に置きながら勉強しましょう。

調べる時間も短縮され、勉強にも取り組みやすくなります。

4.授業で勉強した要点を復習する

先生が大事なポイントとして挙げたところやテストに出やすいと言った内容などはしっかりとノートにメモしておくことは大切です。

定期テスト前には復習することで点数に結びつきやすい状態をつくっておきましょう。

定期テストに向けて対策するなら音読勉強法が効果的

古文の定期テスト対策!試験向けの勉強法まとめ

音読は地味な方法に感じるかもしれませんが、とても効率の良い勉強法です。

音読することで古文のリズムに慣れることができますし文章を記憶することもできます。

たとえば文章中に抜けている助動詞を活用させて穴埋めする問題が出たとします。知識があれば考えてわかりますが文章を覚えていると音で理解しているため考える必要すらありません。

もちろん入試には使えないテクニックですが、音読自体は受験にも効果的なのでぜひ試してみてください。

テストに役立つ効率的な古典勉強法のポイント

同じ勉強ならできるだけ効率の良いものにしましょう。

スケジュールと目標をしっかりと立てることで、がむしゃらに勉強したり、まったく勉強しない日が続いてしまったりすることを防げます。

定期テスト対策とはいえ、簡単にでもスケジュールがあると他の勉強との兼ね合いも考えながら勉強ができるのでおすすめです。

また短い休憩を挟んで集中力が続くようにすると効率が上がります。追加で、がんばった自分へのごほうびを用意しておくと勉強にもメリハリがつきますし時間を区切りやすくもなります。

ただし毎回ごほうびがあると特別感がないので、ある程度がんばったときにしておきましょう。

忘れてはいけないのが睡眠をしっかりと取ることです。寝ている間に記憶は定着するため、いくら勉強をがんばっても記憶に残らなければ意味はありません。

また寝不足のままでは思考能力も低下するため、6時間は寝るようにしましょう。

勉強した気だけにならないように!注意すべきポイント

テスト前には自分の覚えた知識が定着しているかどうかを確認しましょう。

「テスト範囲のすべての問題を解く」「全訳を書いてみる」「答え合わせのときは添削をする」「テスト範囲内の文法や単語は徹底して暗記する」などです。

インプットは誰にでもできるため、覚えた気になってしまう人が多くいます。本当に覚えたかどうかのアウトプットを大切にしましょう。

また、知識はアウトプットを繰り返すことでも定着するため、定期的に問題を解くなどしても良いでしょう。

定期テスト前日に効果的な古文勉強法

古文の定期テスト対策!試験向けの勉強法まとめ

テスト前日は特に特別なことをする必要はありませんが、やっておくと良いこともあります。

1.テスト形式で再度問題を解く

1度解いたことがある問題でもかまいません。

大切なのは本当に知識が定着したかどうかの確認を怠らないことです。

2.教科書の長文を読み直してみる

こちらも知識が定着したかどうかの確認ですが、教科書の長文をそのまま覚えておくことは点数につながりやすいため、特にテスト前日はもう1度確認しておきましょう。

3.寝る前に暗記関係を見直してみる

睡眠時に記憶が整理されることから、暗記系は寝る前にしっかりと復習しておく必要があります。

4.見直しノートをつくっておく

テスト前の数分で大切なところだけを見直すことができれるノートを作っておくことは有効です。

重要なポイントが詰まったノートをテスト前に見返せば、安心してテストに挑むことができます。

まとめ

テスト前日の過ごし方もご紹介しましたが、定期テストのみの対策であれば普段の授業で聞いたことをその場で覚えるような意識を持つことも大切です。

やはりテスト前は高得点が取れる科目や受験科目に時間を割きたくなり、定期テストのみの科目はおろそかになりがちです。

毎回の授業で大切なところはノートにメモし家に帰って見直してから他の勉強を進めるなどするとテスト前に慌てずに済みます。

ぜひご紹介した勉強法を活用して満足のいく点数をとってください。