夏が過ぎたら何をすればいい?受験に勝つ“秋”の過ごし方


受験生にとって大きな山場と言われる夏休みも終わり、受験の足音が聞こえてくる、そんな秋が訪れました。

夏休み、思うように頑張れたという方は意外と少ないのではないかと思います。その中で、秋から勉強を続けて行くにあたっての方針を決めるためには、ここまでどのような勉強をしてきたか振り返るのが有用です。

二学期開始までのチェックポイント

まず、夏休みにおいて苦手を克服できたかどうか、が大きな鍵になります。受験において一番足を引っ張るのは“苦手”です。受験という場は非常に重圧を伴うもので、実力を100%発揮できることは稀です。

その中で、最高到達点が低い科目を作ってしまうと、得意な科目でこけてしまった場合、目も当てられない状況になってしまう可能性があります。苦手は消しておきましょう。

また、何かしら仕上げた参考書やテキスト、講座などがあるかどうか、というのも大事なポイントです。

色々なものに手を出したものの半端で終わってしまったという場合、秋以降はゼロから始めるくらいの意識を持っていないと、受験で失敗してしまうかもしれません。

盤石な基礎が出来上がっているかどうかの一つの指標として、何か仕上げたかどうか、というのは大事な点です。

秋まで頑張ってきた人向け!勉強法

上の二点をカバーできた人は、秋からも順調に努力し続けることができるでしょう。その中で意識すべきポイントは、自分ができないものをできるようにする、という点です。

また、志望大学によって問題のレベルや傾向は異なりますので、自分が受けたい大学の過去問をちゃんと見ておくことが大事でしょう。

受験勉強においては、できなければいけないことをできるようにする、というのがもっとも重要なテーマです。

その中で、基礎学力を固めたならば、あとは必死に演習していくというのが重要になります。自分の能力に合った問題集を解いていきましょう。

秋から頑張る人向け!勉強法

まだ基礎を固められていない人、夏まで部活をやっていて、やっと勉強を開始するという人たちにとって重要なのは、周りに合わせないということです。

以前からしっかり勉強していた人たちに比べて盤石でない基礎を以って、同じ内容を勉強するというのはなかなか難しいことです。マイペースに、出来ないものをひたすら出来るようにしていきましょう。

秋から挽回ってできるの?

“逆転合格”という言葉があります。成績が悪いところからスタートして短期間で成績を伸ばし、E判定から合格するというものです。

本当に短期間で成績を伸ばすことなどできるのか、という話ですが、実際にそういう例は存在します。かなり希少な例ですが、確率は低くとも、やってみる価値は十分にあります。

なぜならば、逆転合格を目指して1日に10時間超の勉強をすることによって、かなりの伸びを得られた結果として成績が上昇し、過去の自分よりも大学受験において可能性を広げることになるからです。

成績がいいに越したことはありませんし、目標に達せずとも、得られるものは必ずあります。じっくり基礎固めを続けていきましょう。

模試を有効に使おう

秋以降の模試は、社会や理科などの範囲が全範囲になり、より受験に対して即応的な内容になっていきます。よって、それを復習することによって、受験に対してかなり実戦的な対策を積むことができ、非常に有用です。

模試の成績などは良くても悪くてもしっかり確認するべきではありますが、一方で一喜一憂すべきではありません。ずっとE判定でも受かる人はいます。

大事なのは、良い成績を見てなお自分を戒める心と、悪い成績を見てなお発奮して勉強するメンタルの強さです。

受験を明確に意識しよう

夏休みまでは、なんだかんだ言って志望大学が固定していない人も結構多いのではないかと思います。

秋以降の模試では、現役の学生がだんだんと仕上がっていき、判定にかなりリアリティが出てきます。夏でE判定なのと、秋でE判定なのとでは、合格確率には結構差があります。

夏の時点では伸びしろがかなり残っているので、模試が悪くとも、その後成績が伸びて受かる可能性が残っています。しかし、秋の模試の結果は受験まで残り短くなっていることもあって、その判定と本番の入試結果にかなり強い関係があります。

秋の模試にて志望校を記入する際、その大学を実際に受けることを意識しておき、判定をしっかり確認するようにしましょう。そして、実際に冬に受験校を決める際、模試の結果を鑑みず適当に決めることのないようにしておきましょう。

最後に

夏休み頑張った人でも、秋から失速する人はいますし、その逆も然りです。しっかり適度に休みつつも、自分の目標に向かって地道に勉強し続けましょう。


ABOUTこの記事をかいた人

はじ(東大入試研究会)

東京大学教養学部文科一類2年。地方の中高一貫校から、予備校・塾に行かず2年ほど独学で地力をつけて現役で現在の大学に合格しました。現在は司法試験予備試験の対策のため法律を学んでいます。