高校生におすすめ!単語と文法だけじゃない古文勉強法のポイント


高校生の古文ともなると、難しい内容も多く含まれるようになります。現代文なら得意だという人も、古文には興味が持てないと感じてしまうかもしれません。一見すると何が書いてあるのかわからない古文は敬遠されてしまいがちです。

しかし、苦手といってもやらないわけにはいきません。コツをつかめば楽しくなり、親しみも湧いてきますよ

どのように勉強すれば、その難解な教科を効率よく学べるのでしょうか。今回は、古文のおすすめの勉強法をお伝えします。

古文の特徴をおさえて慣れることが大事

古文は他の教科と違い、高校に入って独立した科目として登場します。多くの人が古文を苦手だと感じてつまずいてしまうのは、その独特の言葉や文体といった「近寄り難さ」からかもしれません。

数学や歴史、英語などは中学までにある程度の下地があり勉強の仕方もイメージできますが、高校からの古文は勉強法も分からなければ意味も分からない、という教科になりがちです。

確かに高校で習う古文は、昔の日本の言葉がそのままで記され、文法も単語も初めて触れるものも多いでしょう。そこで、まずは古文独特の文章に馴染むことから始めてみてはいかがでしょうか。

古文に登場する言葉は日本語であるにもかかわらず、一見すると難読なものばかりです。文法も普段使っているものとはだいぶ違います。そんな古文を読み解くために最善の方法は、単語と文法を覚え理解していく、という至ってシンプルな勉強法です。

古文の世界に慣れ、特徴をつかむことができれば、憂鬱な科目もひとつの物語として楽しむことができるでしょう。

まずは単語と文法を暗記しよう

古文は日本語でありながら外国語のようなものといえます。

英語を初めて勉強するときは英単語と文法を暗記するように、古文でもまずは暗記することからはじめましょう。単語と文法の意味が分からなければ、先に進むことが困難になるからです。

単語といっても名詞だけではありません。動詞、形容詞、形容動詞、副詞、連語もあり、それぞれを押さえていく必要があります。限られた時間の中で効率よく勉強するには、基本となる単語を理解し、文法に慣れていくことが大切です。

単語覚える際のコツとしては、ひとつの単語に複数の意味がある場合も多いのですが、そのすべてを覚えようとはせず、メインとなる意味に絞って暗記するとよいでしょう。また、古文を読んだときに、ある程度正確に内容を把握するためには文法を理解することも大切です。

古文の文法には必ず動詞、助動詞が関わってきます。つまり動詞、助動詞の活用が分かっていないと文法の理解も進めにくいので、まずは活用を覚えるところからスタートしましょう。次に品詞分解をしていくと、さらに理解が深まりやすいです。

活用の暗記をしておけば、その後の古文の勉強がはかどりやすくなります。効率よく単語や活用を暗記をするには、声に出して読み上げることです。また替え歌に乗せてみたり、語呂合わせで覚えるという方法もおすすめです。

意味をなかなか覚えることができない単語は、イラストを描いて映像のイメージをつけてみると物語のように覚えやすく、忘れにくくなります。お気に入りの歌を歌うように古文の単語や活用を口ずさみ、覚えていきましょう。

とにかく読む、解く。量をこなすことも大事

あまり好きではなかったアーティストのアルバムでも毎日聞かされていたら、いつの間にか好きになり歌詞も覚えていた、という体験をしたことはありませんか? これは「慣れ」による効果が大きく関係しています。

古文はわかりづらく苦手だという人も、それは単に古文に慣れていないだけかもしれません。古文は漢字・ひらがなで記されていますが、現代国語とは大きく異なるため、敬遠されがちです。

まずはたくさんの古文に触れて、慣れることが大切です。たくさん読むことで抵抗も減り、また単語の意味や文法もだんだん覚えられるようになってくるでしょう。

わからないところが多くても、例文や問題集を広げて読解にチャレンジしてみることも重要です。一つでも多くの問題を解いて、どのような問題が出題されることが多いのか、どんな部分に気をつけながら古文を読むと解きやすいのか、ということも把握しておきましょう。

より多くの古文を読み、問題を解いて慣れていくことが苦手意識を遠ざける重要なカギです。

古文を理解するには文学の知識も必要

古文のテストでは、作者や成立時期を問われる問題を出題されることが多いため、代表的な作品や作家といった文学的背景・知識も、頭に入れておく必要があります。このとき意識しておくべきことは、文学には作品ごとに癖があるという点です。

その例として有名な枕草子は、謙譲語が使われていますが主語がない文章が多く、会話のなかでも誰が話しているのかわかりづらいといった特徴があります。

枕草子では主語は暗黙のうちに中宮定子を指していて、謙譲動詞なら筆者である清少納言が主語になるというものですが、これが枕草子の癖であり常識なのです。

こいうった癖を含めた文学の基礎を知っておけば、たびたび出題される問題にも柔軟に対応できるようになるでしょう。単語や文法を覚えるかたわら、作者は誰か、いつ書かれた作品なのかといった文学的な背景も、しっかり学習しておくとよいでしょう。

まとめ

まるで外国語のような古文ですが、「サンキュー」「バイバイ」といった英語のように日常生活で親しまれているものでもないため、一から始めていかなくてはなりません。

しかし、古文には日本特有のおもむきや情緒が詰まっており、それは現代でも不思議と伝わる力を持っています。そんな古文の魅力を理解しようという気持ちを持って勉強していくと、苦手意識も自然と薄れていくかもしれません。

テストで必要になる単語や文法をしっかりと学習しながら、覚えた知識を忘れないように、毎日ひとつでも多く古文に触れ、慣れていくことを心がけてみてください。