集中力を高める方法を徹底解説!進まない勉強効率アップの必勝法

集中力を高める方法を徹底解説!進まない勉強効率アップの必勝法

勉強をすれば成績が上がるということは誰しもわかっているのですが、それができないのが学生の共通の悩みでしょう。

持っている時間はみな同じ24時間、そのなかでどのように勉強を進めていけばいいのか考えてみることが重要になります。好きな科目や興味のあるところ以外の教科でも勉強の効率を上げるには、集中力を高める必要があります。

集中力を高めるコツを知り自分に合った方法を取り入れることで、同じ時間でも密度の高い勉強をして効率アップを図りましょう。

勉強時間を区切ることで集中力をキープできる!?

人は時間が無限にあるように錯覚する生き物で、勉強では特に夏休みの宿題のように長い時間を与えられると最後に慌てることになりがちです。

ですから、集中力を高める方法のひとつには「勉強する時間を区切る」というものがあります。短い時間なら、この時間までに〇〇をしようと決めて集中しやすくなるでしょう。

どのくらいの間隔で区切るのがについては個人差がありますが、自分はついつい時間を浪費しがちだと感じる人ほど、短く区切ることをおすすめします。

たとえば、30分勉強をしたら少し休憩し、また30分勉強するというようにしましょう。ゴールまでの時間が短いので、より集中できにくいと感じることも少なくなります。

現実の時間へと変化するので、短い時間のなかで集中力を上げることができます。このように意識して時間を区切ることで、自分に合った集中できる勉強時間を知ることができるでしょう。

勉強する内容によっては音楽を聴くことで集中力が高まる!

音楽を聴きながら勉強するときには、激しいものや歌詞のある音楽は集中力を妨げやすいので注意が必要です。

また、いつも音楽をBGMにしていると静かな環境のなかでは集中できないことも。試験会場は静かなので、集中できず実力が発揮できない可能性もあります。

一方で音楽には、気分が高揚する、リラックスできる、集中力が高まるなど多くのメリットもあります。

ほかにも、音楽により周囲の雑音をシャットアウトして勉強内容に集中することで、記憶力が高まる効果も期待できるでしょう。

たとえば、単語の暗記など新しいものを覚えるときに、クラシック音楽を聴いてみる、新しい曲を試してみるなど、自分が心地よく集中力が高まるものを選んでBGMにしてみることをおすすめします。

ただ、人によっては音楽を聴いていると集中できないということもあるので、自分との相性を確かめながら活用しましょう。

寝不足状態の時には集中力もダウンする?

勉強の集中力を高める方法としては、良質の睡眠をしっかりとることも大切です。

受験勉強など長期にわたる学習は、体力を維持し健康でなければできないでしょう。一夜漬けのために徹夜すると試験のときに頭が上手く働かず、むしろ点数が悪かったという経験をした人もいるのではないでしょうか。

睡眠は勉強した記憶の定着にも関わるもの。少なくとも6~8時間は確保することをおすすめします。

また、ゴールデンタイムといわれる入眠してから3~4時間の時間帯には、疲労回復効果の高い成長ホルモンが分泌されます。このホルモンが十分に分泌されるには、このゴールデンタイムに熟睡していることが大切です。

さらに、寝る直前のお風呂はぬるめにする、寝る前にはパソコンやスマートフォンなどのブルーライトを見ないようにするなどして、脳へ過度の刺激を避けましょう。

こうして良質で十分な睡眠を確保することで、集中力がキープされることが期待できます。

食べ物で集中力をアップできる!?その方法は?

勉強するときに集中力を高める方法としては、効果が期待できる食べ物を意識して摂ることも大切です。バランスのよい食事はその基本ですが、脳の働きがクリアになる食べ物とは何でしょうか。

まず、脳へのエネルギー補給を長続きさせるためには、血糖が急に上がるお菓子などの甘い物よりも、穀類で炭水化物をとることが有効です。受験生は朝食を抜かずに腹持ちのよいご飯などを食べることをおすすめします。

また、ビタミンやミネラルなども大事で、特にビタミンB1は炭水化物がエネルギーになるときに必要なものです。豚肉や牛乳、ナッツ、ゴマ、大豆製品などに多く含まれるので十分に摂りましょう。

ほかにも、青魚などに多く含まれるDHAやタンパク質、鉄分などは脳の働きをよくし、集中力を高める働きが期待できます。

1日のなかで規則正しく3回の食事を摂ることが大切ですが、食事はよく噛んで食べることも大切です。よく噛むことで消化も促進され胃腸への負担が減り、食べ過ぎの予防にもなるでしょう。

集中力を高める方法として、このように毎日の食事にも気を付けることもおすすめです。

まとめ

勉強がはかどらない、思ったような成果が出ないときには、勉強方法や生活、食事内容にも気を配ることで、集中力をアップさせることが有効です。

時間を区切って勉強すること、音楽を上手に取り入れること、良質の睡眠を確保して脳を活性化すること、脳の働きをよくする栄養をしっかり摂ること。

このような工夫を毎日の生活や勉強のなかで実行することが、長期間の試験勉強へのよい対策になります。自己流の無理な勉強にこだわりすぎず、集中力をアップさせるコツを実践してみてください。