高校2年生は英語の勉強が進まない!?勉強方法を工夫して取り組もう!


高校生になると英語の授業は教科も増え、内容はより複雑になっていきます。高校1年生の時点では多くの生徒が授業についていこうと必死で勉強をするでしょう。

しかし、高校2年生になると緊張がゆるみはじめ、中だるみも出てきます。本来なら高校2年生は受験勉強の準備を本格的に始める重要な時期であり、1年生以上に気を引き締めて英語に取り組みたいところです。

ここでは、そんな高校2年生のうちにやっておきたい英語の勉強方法について解説します。

高校2年生は中だるみしやすい時期

高校2年生は、受験勉強の基本を教わる非常に大切な1年間です。

しかしながら、高校2年生になると中だるみが起き、勉強へのモチベーションが下がってしまう生徒が実は大勢います。

特に英語に関しては、その内容もより難解になっていくため、授業についていけなくなる生徒が出てきてしまうのです。

やる気がなくなる理由は、1年生の時と比べ、緊張感がとけ、勉強がおそろかになりがちだからです。

合わせて、部活動や学校のイベントなどにも精一杯取り組み、楽しみたいという人も多くいます。

しかし、日々の楽しさを優先し、予習・復習の時間を確保せずに過ごすと、3年生になってから苦労する可能性があるのです。

文法を集中的に勉強しよう!

高校2年生になると英語の難易度は上がり、勉強の仕方を見失ってしまう人もいます。

しかし、高校1年生と2年生の英語は、教わる項目自体が大きく変わっているわけではありません。

1年生のときに習った同じ範囲を、より深く、応用して勉強するのが高校2年生の英語なのです。落ち着いてきちんと向き合えば、十分に理解できるものなのです。

その際大切なのが、高校2年生の英語では、理解ができていないまま無理をして先に進むのではなく、必ず1年生の時の復習から取り組むことが大切です。

登場する文法は同じなので、1年生の教科書や問題集で勉強したほうが、基礎を確認できる場合もあります。

高校2年の1年間で復習のノウハウを身につけておくと、3年生になったときに役立ちます。

また、高校2年生で学ぶ英語をきちんと消化しておくことで、受験勉強を始める際に必要な知識が補強されるので、スムーズに志望校の入試対策へと進めるでしょう。

長文もしっかりマスター!

高校2年生で英語の勉強につまずいてしまう大きな原因のひとつが長文読解です。

英語の長文には、学術的な難しい内容の長文が問題に登場しますが、そこから「なんだかとっつきにくい…」なんて印象を抱いてしまうと、苦手意識が強まってしまいます。

しかし、長文読解は今まで身につけた英語の基礎的な学習事項を応用すれば解けるケースがほとんどです。日頃の勉強では文章を音読し、集中して構造を理解する力を養いましょう。

長文読解では単語力、熟語、構文解釈の能力なども求められています。いずれも1年生の時点で授業に登場している内容ですが、覚えるべき知識量が増えているので復習を徹底しているかが試されます。

一度解いてみてよくわからなかった長文も放置せず、わからなかった箇所をピックアップして勉強し、欠点克服に努めましょう。

英単語の暗記も高校2年生でしっかり!

英語の勉強は単語の暗記と切り離せない関係にあります。

どんなに文法を深く学んでも、単語を覚えていなければ文章を正しく理解できないので、コツコツと単語力を増やす作業が肝心です。

ところが、高校1年生のころは単語の勉強があまり進まない生徒が少なくありません。高校生活に慣れていない1年生は、緊張から生活に余裕がなく、空き時間を利用する発想が生まれにくいのです。

高校生活になじんできた2年生は、登下校中の電車やバス、休み時間などのすきま時間で単語帳を開く余裕が出てくるでしょう。

英語は「最後は単語力で決まる」と言われることが多い教科です。

文法が難しい長文でも単語さえ覚えていれば解けることもあるので、2年生は単語力をカバーするようにしましょう。

まとめ

英語は文法の応用力や単語の記憶力など、脳のさまざまな部分を使って成績を伸ばしていく教科です。そのため、高校生活が楽しくなり緊張の糸がゆるみがちな高校2年生では、英語の勉強を後回しにする生徒が増える傾向があります。

しかし、2年生は英語の基礎を復習し、受験勉強への対応力を身につける貴重な準備期間でもあります。

2年生のうちに英語をどれだけ本気で取り組んだかが3年生の成績に反映されることも多いので、気を抜かずに英語と向き合いましょう。