勉強には息抜きも大切!上手なリフレッシュの方法とコツ


ずっと勉強に集中していると疲労やストレスがたまりやすく、次第に集中力が途切れてしまう原因になります。しかし、集中力が低下している状態でも時間がもったいないと考え、無理に勉強を続ける人も多いのではないでしょうか。

勉強は無理に続けるよりも、適度に息抜きを行ったほうが作業効率を上げられる場合があります。そのため、高い集中力をキープするには定期的に休憩を取り入れて、気分をリフレッシュさせることが重要です。

ここでは、集中力アップにつながる上手な息抜き方法やリフレッシュ方法のコツを紹介します。

手軽にできる簡単リフレッシュ!勉強の合間にできる方法

勉強の合間に気分転換を行うには、運動を取り入れる方法がおすすめです。

じっと机に向かっていると血行が悪くなり、集中力も途切れてしまいやすくなります。そんな時は、室内で身体を軽く動かすだけでも手軽にリラックス効果を得ることができます。

ストレッチやウォーキングもよい方法ですが、短時間で取り組める「1分間の上半身ジョギング」が特におすすめです。

やり方はとても簡単で、疲れを感じたらまず椅子から立ち上がりましょう。次は直立した状態で、上半身の腕だけを前後に大きく振ります。

このときに、公園をジョギングしている様子やマラソン大会など、好きなシーンを脳内でイメージすることがポイントです。イメージをしながら運動を行うことで臨場感がアップし、脳に刺激を与えやすくなります。

それから、運動を行うときに部屋の窓を開けておくこともおすすめです。自然の空気に触れることで、心がリラックスしやすくなるでしょう。このエアージョギングは、勉強の合間に時間をかけずに取り入れやすい点が魅力です。

集中力を高める!勉強に効果的な休憩方法は?

集中力には限界があり、長時間作業を続けているとミスが多くなりがちです。集中力をキープしながら勉強を行うには、適度な休憩をはさむことが肝心です。ここでは、集中力を高めるためのおすすめテクニックを3つ紹介します。

まず、疲れを感じたら15分間の休憩を取るという方法です。15分間は休憩を取るのに適した時間であり、それ以上の休憩を取ることは避けたほうが無難です。

なぜなら、長時間の休憩を取ると脳が休憩モードに突入し、勉強を再開するときにエンジンがかかりにくくなる恐れがあるためです。

15分間の休憩はお菓子を食べる、音楽を聴くなど、自分の好きなことをして過ごすことがおすすめです。特に、砂糖を使った甘いお菓子は気分をリフレッシュさせるだけではなく、疲れた脳を回復させる効果も期待できます。

脳は糖分をエネルギー源としているため、休憩中に栄養補給をしておくことも、集中力アップのポイントになるでしょう。

眠くなったときは、20分程度の仮眠を取ることもおすすめの方法です。

人間は、疲労がたまると自然に眠気に襲われる仕組みになっています。そのため、勉強中に眠気に襲われた場合は脳や身体が疲労しているサインです。この疲労を上手く回復させることが、集中力を高めるための重要なポイントになります。

仮眠は脳の疲れを癒やすのに適した方法です。タイマーをセットしておけば、寝過ぎてしまう心配もありません。

仮眠を行うときは、アイマスクを使用することがおすすめです。外部の光を遮断できるので気持ちが落ち着き、眠りにつきやすくなります。仮眠はすぐに気持ちを切り替えやすい椅子で、座ったまま行うことがベターです。

ソファやベッドは休息モードに入りやすく、やる気が失われてしまう恐れがあるので注意してください。そして、休憩中に軽い運動を取り入れることも集中力アップに効果的な方法です。

休憩中に一度は席を立つように心がけ、その際にストレッチなどの軽い運動を取り入れると良いでしょう。ストレッチが面倒な場合は、ぐるぐると腕を回したり軽く伸びをしたりするだけでもOKです。

それから、家の中を歩き回ったりトイレに行ったりすることも、脳に刺激が加わるので積極的に行うことをおすすめします。

本格リフレッシュ!勉強の疲れを忘れられる気分転換の方法

長時間の勉強でストレスや疲労がたまった場合は、本格的に気分をリフレッシュさせることも大切です。勉強の疲れをリセットするには、テレビを見たりゲームをしたりすることも手軽でよい方法でしょう。

ネットサーフィンを行って知らない知識を吸収することもおすすめです。

また、室内にこもっているとストレスがたまりがちです。まとまった時間を確保して、友人達と遊び出かけるのもよいでしょう。特に、カラオケで大声を出すとストレスを上手く解消できます

その他には、お菓子を食べたり趣味に没頭してみたりという気分転換方法もあります。

インドアとアウトドア、自分はどちらのほうがよりストレスを解消しやすいのか、きちんと見極めることで上手く気分をリフレッシュさせられるでしょう。

メリハリが重要!勉強と休憩の切り替えを上手くしよう

休憩は勉強を続けるうえで、欠かすことのできない重要なポイントです。

しかし、休憩を取る時間が長くなったり頻度が多くなったりしている場合は注意が必要です。こまめな休憩は集中力を持続させるために大切ですが、長時間の休憩は勉強をだらだらとする原因になったり、さぼりたいという気持ちを生んだりするきっかけになります。

そのため、長時間休憩などの本格的な気分転換は、目標やノルマを達成したときにのみご褒美として行うなど、自分なりのルールを決めておくことが肝心です。自分で決めたルールを守って勉強と休憩のメリハリをつけることで、勉強の質を高めることができるでしょう。

メリハリをつけることが難しいという場合は、勉強部屋と休憩部屋を分けておくことがおすすめです。それぞれ勉強と休憩を行う部屋を別に用意しておくことで、環境が変わり気持ちの切り替えがぐんとしやすくなるはずです。

まとめ

高い集中力を維持するためには、勉強とリフレッシュの切り替えを上手く行うことが重要だということがわかりました。ここではいくつかのリフレッシュ方法を紹介しましたが、すべてが自分に適しているとは限りません。

まずは、いろいろな方法を試してみて、相性を確かめることが肝心です。そのなかで自分に合ったリフレッシュ方法を見つけて、ぜひ毎日の勉強効率の向上を目指してみてください。