理系でも文系でも重要!高校英語の正しい勉強法とは?


大学受験では文系と理系の違いだけでなく、受験する大学の学科によって入試科目が変わってきます。
自分の志望大学や得意科目などを考慮して、少しでも合格に有利になるように志望校を選んでいかなければなりませんが、どのようなルートを選んでも、まず避けては通れない科目があります。それが英語です。
英語は文系理系を問わず必須科目となっていることが多く、文系大学では英語だけが入試科目となっているところもあるほどです。社会に出てからも実用スキルとなる英語はどの大学でも非常に重視している科目ですから、まずは英語を最低限不得意科目にしない、ということが大学受験生ほぼ全員に当てはまる「受験対策」になります。

ここではこの先1年後2年後に大学受験を迎える高校生の皆さんへ向けて、心がけておくべき「高校英語」の勉強法のコツ、ポイントについて解説していきます。

高校英語は中学英語の延長線上にある

英語はこの先、社会に出てからも必要となることの多い科目です。就職や転職、留学や海外での就職などで一定の英語力を証明しなければならないこともあり、大人になってからも英検やTOEICといった英語の専門試験を受ける人もたくさんいます。こうした大人の英語学習者や英語の専門家が口をそろえて言うのが「中学英語」の大切さです。
実のところ、海外を旅行する、あるいは海外で生活するうえで最低限必要となる英語知識のほとんどは「中学英語」でカバーできるともいわれているくらいで、中学英語をしっかり学ぶということは基礎的な英語を身に付けるということを意味しています。
当然「高校英語」は「中学英語」の延長線上にあり、高校英語で新たに学習する構文(仮定法や分詞構文など)や時制などの文法などは、中学英語での内容の応用にすぎません。時間的に余裕のある人は新しい内容を学びつつ、中学の英語の参考書や単語集を復習しておくことをおすすめします。「中学英語」をしっかり身に付けておくことは、今後英語を使う機会がある場合にも大いに役立ちます。

中学英語の実力が確かな人にとっては、高校で習う内容はそれほど難しいと感じるものではないはずです。ただいきなりは大学受験レベルの内容の英文や文法問題を解けるわけではないので、まずは自分のついていける問題や英文から段階的に学習していきましょう。英語の学習では背伸びをしてしまうことがとても危険です。文法や英単語が全く分からないような英語にひたすら触れていても、なかなか英語の実力は付いていきません。英語は自分で完全に理解できる内容を聞き取ったり、読み取ったりすることを繰り返していくうちに、段々と力がついていく科目です。まずは入門レベルの難易度のものから、一段一段ステップアップしていくことを意識して勉強していきましょう。

英単語学習は毎日続ける

英語の勉強法と聞いて真っ先に取り組むべきことの1つが「英単語を覚えること」です。中学英語では約2,000語の英単語で済んでいたのが、高校英語、大学受験英語ではセンター試験レベルで約4,000語、難関大学レベルでは約10,000~20,000語が必要になるとされています。
数にすればこれだけ膨大なものになりますから、毎日少しでも英単語を覚えていく必要があります。単純に毎日10個の英単語を覚え続けても1年で3,650語しか覚えられない計算になるので、継続して英単語を覚えることがいかに大事かがわかるでしょう。

英単語の覚え方や勉強法については、本やネット、予備校や英語の先生などを通じて数えきれないほどの情報を目にします。英単語集などの教材の種類も膨大な数です。この中から自分に1番合う教材や勉強法を選んでいくことは大変ですが、「英単語集」選びでは最低限チェックしておきたいポイントがいくつかあります。まずおすすめの「英単語集」は英単語だけ箇条書きで記載されているものではなく、発音記号、関連語や派生語、そして短めであってもその使用例となる例文がコンパクトに掲載されているものです。こうした関連情報がコンパクトに詰まった英単語集を使っておくと、英単語の記憶時に関連知識や派生語も同時に頭に入るので、かなり効率的に語彙力を増やすことができます。
発音記号の記載があって、音声の付いた付属CDやダウンロードサービスがあるものもおすすめです。英単語を覚える時にその音と合わせて記憶できるので、単なる文字上の知識としてだけでなく「生きた英語」として単語を身に付けることができるというメリットがあります。

このようにして一度覚えた英単語は、英単語集の日本語部分だけを見て英単語を思い出すという「アウトプット訓練」を何度も繰り返すことで、段々と頭の中に定着していきます。千里の道も一歩から。多くの英単語を覚えるためにはこうした勉強を地道に、毎日継続して取り組んでいきましょう。

英熟語は前置詞を意識して覚える

英単語と並んで重要なのが「英熟語」です。特に高校英語や大学入試英語では必要となる英熟語の数がかなり増えていきます。同じ動詞を使った英熟語でも意味を混同しそうになるものも多いので、整理して覚えていかなければなりません。

覚えるときのコツになるのは前置詞の使い方の基本を知っておくことです。前置詞はそれぞれに意味のニュアンスを持っています。例えば to は「目的に向かって進み、最終的に到達する」、for は「目的地へ向かっているけどまだついていない」、at は「(時間や空間の)ある一点を表す」というニュアンスです。
実際に「ある一点を表す」という意味の前置詞 at はどんな使われ方をしているかというと、aim at「~を狙う」、gaze at「~をじっと見つめる」、glance at「~をちらりと見る」、stare at「~をじっと見る」といった使い方です。さまざまな動詞と組み合わさって「目線を一点に集める」という意味の英熟語を作っていることがわかります。
このように at の持っているニュアンスを知っていると、その前の動詞の意味を知らなくてもなんとなく英熟語の意味を読み取ることが可能です。前置詞の数自体は限られているので、それぞれの前置詞の使い方、ニュアンスをマスターしておけば、かなり効率よく英熟語を覚えていくことができます。

英文読解は音読で直読直解

英文読解を苦手に思っている人も多いでしょう。わからない単語や英熟語が多すぎるとすぐに挫折しそうになります。まずは自分の実力に合った英文の精読から徐々にステップアップしていきましょう。
目安は英文2、3行で1個ぐらいのペースでわからない単語のある長文からトライしていきます。これくらいの難易度ならば和訳、解説、辞書などを利用して英文を「精読」することができるでしょう。
英文読解の勉強では、まずはわからないところを全部つぶしながら読むこの「精読」の作業が大切です。あやふやなまま英文を流し読みしても、英文情報を正しく理解できないままになってしまって効果的な学習となりません。

しっかりと頭で理解できるようになったら、同じ文章を読むスピードを徐々に上げていきます。いわゆる「速読」トレーニングです。この時に音読しながら読んでおくと、文章のリズム、発音などを伴って、英文を英語のまま高速に理解するための訓練となります。
正しい発音をするためには発音記号を調べておくほか、ネイティブスピーカーによる音読素材が付属した教材を使用すると音読の「お手本」として使えるのでかなり便利です。「精読」の後に読むスピードを上げた「速読」を何度も繰り返していき、音声が付いている場合は「音声のみの聞き取り」で長文の内容を完璧に理解できるようになったら、もう少し長めの難易度の高い長文へチャレンジです。こうした勉強方法は英語上級者やプロの通訳なども行っている「王道」の英語勉強法です。

徐々に段階的に難易度を上げていくことで、結果的に高い長文読解力を身に付けることができるようになります。

まとめ

以上のように簡単に「高校英語」の学習で心掛けておくべきポイントについていくつか説明してきました。
高校からの英語学習では、まずすべての基礎となる「中学英語」をしっかりおさらいし、毎日地道に勉強して使える英単語数を増やしていく必要があります。また英熟語を覚えるときには前置詞のニュアンスを知っておけば効率的に覚えられること、長文読解の勉強では「精読」と音読を交えた「速読」の繰り返しが王道の勉強法だということを、あらためて確認しておきましょう。

英語はどのような大学入試でも避けては通れないですし、高校で勉強したことが社会に出てからも役立つことが多いです。勉強した分だけ成果が表れやすい科目ですから、ここで取り上げた勉強法やコツを参考にしてねばり強く勉強に取り組んでいきましょう。