高校で中学英語のやり直し!復習のポイントは?


高校に入ってから英語の成績がなかなか伸びないと悩んでいませんか。

さぼっているわけではなく、それなりに勉強をしているつもりなのに成績が頭打ちになってしまっているとしたら、中学英語の理解度に問題がある可能性があります。

中学英語がしっかり理解できていないと高校英語も曖昧になり、深く理解することができないため成績が伸びなくなるのです。

高校英語につまずいてしまったら、中学英語に戻って見直しをすることが必要です。

高校生になっても中学英語が必要?

「高校生にもなって、なぜ中学英語の復習をしなくてはいけないの?」と疑問に感じる人もいるかもしれません。

実は、高校英語と中学英語には決定的な違いはないのです。高校英語は中学英語の延長線上にあります。

大きな違いといえば、高校英語では新しい単語や熟語の組み合わせがたくさん登場するので、それらの暗記が必要になるという程度です。

しかし、文法に関しては中学英語の文法の上に高校英語の文法があります。

そのため、中学までの内容をしっかり理解していなければ授業についていけなくなり、高校の英語が分からなくなってしまうのです。

中学英語は英語学習の基礎です。基礎となる中学英語ができていなければ、その上に積み重ねることができません。

高校で新しく登場した単語や熟語だけを覚えても、中学で学習する文法の基礎が理解できていなければ、単語を使うこともできないのです。

高校英語を理解するためには、中学英語を復習してしっかり理解していることが必要です。

中学時代の教科書や参考書を読み返す

中学英語の復習の方法としておすすめなのは、中学時代の教科書や参考書を読み返すことです。

高校で英語につまずいてしまった人の中には、どうやって勉強すれば良いのかもわからなくなったという人もいるでしょう。

そのようなときこそ、中学の教科書や参考書を改めて見直すことがおすすめです。

高校生になってから見返すことで、中学生当時は分からなかったところが理解できたり、分かったと思っていた箇所の理解が深まったりすることはよくあります。

理解が深まったことで、当時は思いつきもしなかった新たな疑問が生まれてくることもあるでしょう。

英語が苦手ではなく、ある程度できるという人でも伸び悩むときがあります。

そんなときは中学英語に戻ることで、今まで気づかず見過ごしていた部分に気付くことができます。

中学英語の基礎を理解したとたんに、英語力が急成長することは珍しくありません。

高校に入って英語が苦手だと感じるようになった人にも、英語は好きでそれなりにできるけれど伸び悩んでいるという人にも、中学時代の教材を使った復習はおすすめです。

新しい参考書を購入する

中学の教科書と参考書を使って英語を復習すると、ここは理解していたけれど、ここは理解が浅かったなど、自分の英語の理解度を再確認することができます。

理解が浅かった部分を確認できたら、その部分をしっかり復習して今度は完全に自分のものにしてしまいましょう。

そのためにおすすめなのは、理解できていなかった部分がより詳しく書かれた参考書を購入することです。

苦手に特化した参考書を使い、何度も繰り返して基礎をしっかり固めていきましょう。

英語を学習している人の中でおすすめだとされている参考書が「総合英語Forest」です。

総合英語Forestは中学生や高校生だけではなく、大人にもおすすめだとされている参考書で、比較や不定詞などの文法項目ごとに目次が分かれています。

1つの単元の中は、Part1これが基本・Part2理解する・Part3深く知るの3部構成になっています。まずはPart1をじっくり読み、Part2、Part3の問題を解いていきましょう。

また、一度読んで終わりではなく、不明な単語や分からなかったところには印をつけて書き込みをし、繰り返し学習することで理解を深めていきます。

「総合英語Forest」の内容はセンター試験でも出題される内容が多いので、受験対策にも使える優れた参考書です。

英単語と英熟語の復習は繰り返しが基本

英語を勉強する上で欠かせないのが単語をたくさん覚えることです。

皆さんは、中学校の英語で登場した英単語はすべて完璧に覚えていますか。

教科書や参考書を見直した際、曖昧なままの単語を見つけたらこの機会に完全に覚えてしまいましょう。

英単語を覚えるには繰り返しが必要なので、隙間時間を使って何度も何度も反復学習をすることが大事です。

中学時代に使っていた単語帳があればもう一度復習し、単語を完全に覚えているかどうか確認してみましょう。

曖昧な単語だけを集めた単語帳を新たに作るのもおすすめです。

また、英語の学習では英熟語を覚えることも大切です。熟語は英文を見てから和訳、和訳から英文のどちらもスムーズに行えるようになりましょう。

英熟語の学習にも単語帳を活用できますので、苦手な単語、曖昧な熟語をひとつの単語帳にまとめて、隙間時間に繰り返し復習してしっかり暗記しましょう。

まとめ

中学英語の復習は高校英語をさらに理解し、英語力をアップさせる役に立ちます。

英語が苦手だという人だけでなく、それなりに英語は出来るけれど成績が伸び悩んでいるという人にも中学英語の復習は必要です。

しっかり復習して曖昧だった部分を確認し、完全に理解できるようにしましょう。

その上で高校英語に取り組むと、驚くほど英語が理解でき成績が上がる可能性があります。

何事も基礎が大切です。英語の基礎である中学英語の復習は、高校英語を深く理解するために必須だといえます。