高校生の勉強には椅子も重要?勉強のアイテムや環境にこだわろう!


勉強していてどうしても集中できない時は、勉強法の見直しを優先的に考えてしまいがちです。しかし、必要なのは方法の改善だけではありません。集中するには勉強する際の環境も重要です。

自分がどんな場所でどんなアイテムを使用して勉強しているか、また、それがどれだけ快適かによっても集中度が変わることがあります。集中力を高めるには、どのように環境の見直しを行えばよいのでしょうか。重要なポイントを押さえながら考えてみましょう。

椅子に問題アリ?高校生が勉強に集中できない原因

「勉強する環境」を考える際に、着目すべき点はたくさんあります。まず、周囲に意識を向けた時に気になりやすいのが、音です。

騒がしい空間ではなかなか勉強がはかどりません。工事現場の近くやガヤガヤと騒がしいお店などの騒音は、集中の妨げになってしまいます。そして、勉強中に目に入るものも重要です。

机の上やすぐ横に漫画やゲームのような遊びの誘惑があると、どうしても集中力が削がれてそれらに手が伸びてしまうでしょう。そうすると、勉強どころではなくなってしまいます。

また、誰かと一緒にいるということも勉強する際には妨げになる場合があります

たとえば、放課後の教室や飲食店を利用して友達と一緒に勉強をすると、おしゃべりに夢中になったり休憩を自分のペースでとれなかったりと、どうしても相手に引きずられてしまいがちです。家族であれば、近くでテレビを観る、休日には外出に誘ってくるなどということもありますね。

そして、さらに「環境」として意識すべきは、机や椅子などのアイテムです。特に椅子にはいろいろな種類がありますが、勉強するのに向いていない椅子に座っていると、それだけで集中の邪魔になることがあります。

場合によっては、疲れを溜めたり体を痛めてしまったりする原因になるのです。

勉強にどう関係してくる?学習用の椅子の影響力

椅子といえば、座って疲れを癒すもの、疲れないように座るものという印象がある人が多いかもしれませんが、どんな椅子でもその効果が得られるわけではありません。種類によっては体に合わず、疲れを癒すどころか逆に体を疲れさせてしまうこともあります。

そのため、勉強をする際に座る椅子は、より快適なものであることが理想です。人間の背骨はS字の形状をしていますが、座ることで圧迫されアーチ状になります。すると、背中や腰の負担が増し、疲れを感じやすくなってしまうと考えられています。

これでは勉強にもなかなか集中できません。そのため、勉強には座っていて疲れを感じにくい快適な椅子を使うことが重要です。

高校生の勉強におすすめ!疲れにくい椅子の選び方や特徴

椅子を選ぶ際に気をつけるべきなのは、目的によってその基準が異なることです。

高校生の勉強には、「高校生の勉強に合った椅子」を選ぶ必要があります。では、どんな椅子が良いのでしょうか。まず、いろいろな部位を調節できるものがおすすめです。特に、背もたれ、シート座面の高さ、肘掛けは調節できるほうがよいでしょう。

高校生になり勉強時間が長くなると、背もたれのある椅子が必要になります。背もたれがないと背中を休めることができず、猫背を引き起こしてしまうからです。

さらに背もたれのリクライニングの調節機能があれば、勉強中と休憩中の角度を変えて背骨への負担を軽減することができます。無段階に調節できると、なおよいでしょう。

シート座面の高さ調節も、重要な要素になります。

椅子の座面は、高すぎても低すぎても体を疲れさせてしまいます。理想的な座面の高さは「下腿長-1cm」と言われています。下腿長とは、膝裏から足の裏までの長さのことです。この高さに調節できる機能の付いた椅子を選びましょう。

肘掛けについては、背もたれや座面ほど重視されない傾向にありますが、より疲れにくい椅子を選びたいなら意識したいものです。肘掛けがあると勉強の合間に腕を乗せて休むことができるので、肩の負担が減ります。

理想的な高さは机と同じ高さで、勉強中でも机の上に肘を乗せている感覚で肩を楽にできるようになります。机の高さに合わせて調節できる機能があると便利ですね。

調節機能のほかに大切なのは、何といっても座り心地です。座った時の心地よさまで計算されている椅子に座ると、疲れずに勉強できます。

クッション性や形のほか、座面の傾斜角度にも注意しましょう。前に向かって傾いていると背筋が伸びやすく、背中のS字カーブが綺麗になって腰への負担がかかりにくくなります。

生地も重要です。長く座っていると、どうしても蒸れてきますので、シートに通気性の良い素材を使っているものを選びましょう。

椅子以外も大切!勉強部屋が快適になるアイテム

勉強に適した椅子を見つけたら、ほかのアイテムにも気を配りましょう。より勉強しやすい環境を作ってくれる優秀なアイテムを紹介します。

タイマーを使う勉強法は集中した状態を作り出すのに適していますが、スマホのタイマー機能を使うと、どうしてもSNSやゲームなどのアプリが気になってしまいがちです。キッチンタイマーを利用することをおすすめします。

また、心身をリラックスさせて快適性と集中力を高めるアイテムとしておすすめなのが、フットマッサージ機アロマディフューザーです。足裏のマッサージには集中力を高めて根気を養う効果があり、イライラ予防の効果も期待できます。

フットマッサージ機は勉強しながら足元に置いて使えるので重宝します。集中力を高める作用のあるアロマもおすすめですが、キャンドルなどの火器を使うのは心配ですよね。その点、素焼きのアロマディフューザーなら火も熱も使わないので安心です。

騒音対策には耳栓イヤーマフがぴったり。どんなに静かな空間を作る努力をしても自力ではどうにもならない騒音もありますので、そんな時に役立ちます。

まとめ

どんなに良い教材や勉強法を手に入れても、勉強しやすい環境で学習できなければ上手く集中することができません。そうなると、十分な学習効果を得ることは難しいでしょう。

集中して勉強に取り組むことは、高校生にとって必要不可欠です。場所やアイテムにこだわって、自分に合った環境を作ってみましょう。勉強への苦手意識を減らし、勉強の質もアップさせる効果が期待できます。

理想の成績に少しでも近づくため、今日からでも環境づくりを始めてみませんか。