これでバッチリ!大学受験への日本史勉強法


日本史は出題範囲が広いため、コツや問題の傾向をつかまずに何となく勉強を続けていたのでは、なかなか得点に結びつきません。

しかし日本史の一連の流れや、志望校やセンター試験で出題される問題の傾向をしっかりと押さえておくと、これまで苦手だった場合も得意科目となる可能性があります。

日本史は、まず大まかな流れをつかむところから始めて全体的な理解を深めることが大切です。今回は、範囲の広い日本史の効果的な勉強法について解説してきます。

まずは流れをつかもう

日本史は出題範囲が広いため、勉強をするにしても「どこから手を付けたらよいのか分からない」といった悩みがしばしば聞かれます。

日本史で得点アップを狙うなら、まずは日本史の流れをつかむところからはじめることがポイントです。原始時代から現代までの歴史の流れを、最初のうちはざっくりと把握することからはじめましょう。

しかし、ただ単に日本史の教科書を読み進めていくだけでは、「歴史の流れを記憶できている」といった実感も湧きづらいものです。日本史の教科書は、案外歴史の流れをつかみにくい構成になっていることが多く見受けられます。

日本史の教科書は1度横に置いておき、歴史の流れ通りに構成された入門書やマンガを活用してみることをおすすめします。人によっては、これまで退屈に感じられた日本史も、マンガなどを活用して勉強してみることで、興味が持てる科目へと変化する可能性があります。

一問一答は流れをつかんでから

日本史の勉強をするときに、最初から一問一答で暗記をはじめてしまう人がいます。

しかし、この日本史の勉強法は、あまり効率がよいものとは言えません。なぜなら一問一答での暗記では問題の傾向もつかみにくく、「なぜ間違えてしまったのか」ということを把握しづらいデメリットがあるからです。

まずは原始時代から現代までの大まかな流れをつかむことからはじめてみましょう。歴史の流れをつかんだ上で一問一答をしてみると、得点がアップする可能性が高まるでしょう。

日本史は、以前より「暗記科目」として捉えられてきました。そのため歴史の流れを理解しないまま、一問一答での暗記による勉強法についても何の疑問も持たないという人が多いことも事実です。

日本史を受験科目のひとつとして武器にしたいのであれば、これまで何も疑うことなく行ってきた勉強を見直し改善してみることが大切です。

問題集でアウトプットの練習

日本史の流れをつかむインプットが一通り終わったら実際に問題集を使ってアウトプットの練習をしていきましょう。日本史の問題集を選ぶときは、志望校の過去問やセンター試験の問題集などを使ってみることがおすすめです。

大学入試センター試験過去問レビュー日本史B 2018 』や『実力をつける日本史100題[改訂第3版]』などを利用してみるとよいでしょう。『センター試験過去問レビュー』は、センター試験を受ける高校生には1度は解いておいて欲しい問題集です。

問題の傾向や出題の方法などを、この参考書でつかんでおきましょう。センター試験の過去問を解くことによって時間内に問題をすべて解き終える練習をしておくことも大切です。

次に『実力をつける日本史100題』は、日本史のインプットがしっかりとできていなければ設問を解くことができないタイプの問題集です。解説が丁寧であるため、日本史を体系的に、また効率よく学ぶためにはおすすめです。

この参考書は教科書の副教材としての役割も果たすため、さらに掘り下げた日本史の知識とともに、応用力も身につけることができます。

問題集を使ったアウトプットを行うときの注意点は、それぞれの試験の形態や問題の傾向に合った問題集をピックアップして勉強するように心がけましょう。志望校やセンター試験の過去問題などを解いてみると、自分の実力を知るきっかけにもなります。

また試験の形態や問題の傾向、難易度などが合っていれば、問題集は志望校のものでなくても構いません。問題集を使ったアウトプットでは問題の傾向をつかみ、回答へと導く実力を身につけていくことができるように努力しましょう。

文化史・資料問題対策は最後に

日本史の流れをつかむことができ、問題集を使ったアウトプットを行っていくと、徐々に全体的な理解が深まっていきます。日本史全体を理解することができたところで文化史や資料問題の対策をしていきます。

文化史や資料問題については、個人的な暗記法による勉強を続けていると、見落とされがちです。しかし、文化史や資料問題はセンター試験や受験で必ず問われます

特に文化史はセンター試験では毎年決まって数問出題される傾向です。難易度もあまり高くなく、知識がある受験生であれば必ず正解を導くことがしやすい問題とも言えます。文化史を押さえておくとセンター試験では得点につながりやすいため、知識を深めておくことをおすすめします。

また受験では、歴史の流れを大きく汲んだ資料問題が出題されることが多々あります。資料問題は難しいと敬遠する受験生もいますが、テーマに沿った歴史の流れをつかんでおくと、細かい問題が出たとしても十分に対応できると言えます。

文化史や資料問題は単独で理解をすることは難しいですから、全体的な歴史の流れをつかんだ上で取り組んでいくと良いでしょう。

まとめ

日本史の勉強法として、やみくもに一問一答の暗記を行うだけではなかなか得点アップにはつながりません。日本史は暗記科目というイメージが強いですが、まずは原始時代から現代までの歴史の流れをつかむところからはじめましょう

入門書やマンガなどを活用して、興味を持って取り組むことが大切です。そして、歴史の流れが理解できたら、問題集を使ったアウトプットにチャレンジしていきます。

繰り返しになりますが、文化史・資料問題は得点につながりやすい設問であるため、必ず押さえておくことをおすすめします。