高校のテスト勉強対策!数学定期テストの対策方法まとめ

高校のテスト勉強対策!数学定期テストの対策方法まとめ

成績の評価に大きな影響を与える定期テストは高校生にとって重要なイベントのひとつです。

テストで高得点を狙うには短い制限時間内で最大限に自分の能力を引き出すことがカギとなります。自分の持つ力を存分に発揮するには、日ごろからきちんと勉強をしておくことに加えて、効率的なテスト対策を行うことが必要不可欠です。

ここでは数学のテストで高得点を狙うための勉強法を紹介します。効率的な対策法を知り、より良い成績を目指しましょう。

中学と高校の定期テストの違いは?

中学と高校ではテストの内容が大きく異なります。

その最大の違いにはテストの科目が増えることが挙げられます。

中学のテストでは数学は数学のみであったのに対し、高校に上がると「数学I」と「数学A」に科目が増えます。科目が増えると必然的にテスト範囲も広くなるため、中学と同じテスト対策では通用しなくなる場合があるでしょう。

そのためテストで高得点を狙うには高校の学習内容に合わせたテスト対策を行うことが重要になります。

数学のテスト勉強対策!テスト前のスケジュールは?

高校のテスト勉強対策!数学定期テストの対策方法まとめ

中学までは「一夜漬けでテストを乗り切っていた」という人もいるかもしれません。

しかし高校のテストは出題範囲が広いため、一夜漬けやその場しのぎの学習では高得点を狙うことが難しくなります。高校のテストで高得点を狙うには少なくとも2週間前から学習を始めることが賢明です。

後から慌てないためにも、しっかりと学習スケジュールを立てておきましょう。まず2週間前は自分の「苦手分野」や「苦手な問題」を洗い出します。このときに教科書や問題集だけではなくノートの隅々まで目を通すことがおすすめです。

確認をしていくなかで理解できていない部分や分からない問題があれば付せんやチェックをつけていきます。こうすることで自分の苦手分野や理解の足りない問題を、一気に把握できます。

そしてそのチェックをつけた部分を重点的に学習しましょう。自分の弱点を洗い出し集中的に勉強することでテスト中の「解けない」リスクを減らすことができます。

テストの1週間前になったらテスト範囲を一通り勉強します。部分的ではなく全体を通して勉強することで、うろ覚えの部分を効果的になくしていくことができます。

こうした勉強法はまとまった時間を確保して行うことが望ましいですが、部活やアルバイトで忙しく、なかなか時間が取れないという高校生もいるでしょう。

テスト範囲が広く勉強時間が足りない場合は毎日のすきま時間を活用することが必要です。例えば単語帳に公式を書いていつも持ち歩けば、通学中や学校の休み時間などのすきま時間に簡単に学習を行えます。

こうしたすきま時間を有効活用することがテストで高得点を狙うコツです。

高得点を取るためのテスト勉強方法!

テストで高得点を狙うおすすめの勉強法は大きく分けて3つあります。

テストに出る問題を分析する

特に先生が授業中に「テストに出る」といったポイントは、しっかり押さえておきましょう。

その授業中の内容は、もれのないようにノートにメモを取り習ったその日に復習をしておくと効果的です。

記憶が新しいうちに復習を行うことで、より強く脳にインプットされやすくなります。

テスト範囲の公式はすべて覚える

授業で習った範囲の公式はテストで出題される可能性が高くなります。

教科書や問題集にしっかりと目を通して習った部分の公式をすべて暗記することを目指しましょう。

応用問題にも対応できるようにしておく

数学のテストでは応用問題が多く出題されます。公式を暗記できたら問題集を使って応用問題をできる限り多く解いてみましょう。

さまざまな問題を解くことで応用力が身につくことはもちろん、公式をきちんと理解できているのかの確認も行えます。

そして解けない問題や公式をうまく当てはめることができないなどの弱点を見つけたら、その問題を重点的に勉強しましょう。「問題を解く」「弱点を見つける」「復習をする」というステップをくり返すことで自然と応用力や問題を解く力を養えます。

テスト対策が万全になる効率的な勉強法

テスト対策にはスケジュールを組むことや勉強法を工夫することが大切だと前述しました。

こうしたポイントに加えてテスト対策をより強化するにはノートにテスト範囲をまとめる方法がおすすめです。

高校はテスト範囲が広く勉強中に「どこまでがテスト範囲だったかな?」と頭が混乱してしまいがちです。勉強に取り組む前にノートにテスト範囲をまとめることで学習しておくべきポイントをしっかり把握できます。

また後で範囲を確認したいときにも一目で分かりやすくノートを読み返すことで内容を脳にインプットできます。このようにノートにテスト範囲をまとめるだけでもテスト対策の効率を上げることが可能です。

簡単なノートのまとめ作業なら時間もかかりにくくテスト対策として非常に効率的な方法といえるでしょう。

テスト内容を分析する効果的な方法

高校のテスト勉強対策!数学定期テストの対策方法まとめ

どんなにがんばってテスト勉強をしたとしても学習した部分とテストで出題された部分が大きくずれていた場合、高得点を狙いにくくなってしまうでしょう。

テストで高得点を狙うには「出題される問題は何か?」を分析することもキーポイントになります。

テスト内容を分析するにはテストを作る人物に注目するのもひとつの方法です。今回受けるテストと過去のテストを作った先生が同じ場合は、以前出題された問題と教科書を照らし合わせてみましょう。

そうすることで「どのような範囲で」「どのような問題の出し方をするのか」など大きな参考になるはずです。

このようにテストを作る先生の出題傾向を分析することで勉強しておくべきポイントを絞り込むヒントを得られるかもしれません。

まとめ

高校生になってからテストで良い成績が取れず勉強に対する自信やモチベーションが低下してしまうケースは珍しくありません。

しかしテストはしっかりと対策を考えておくことで十分高得点を狙えるようになります。きちんと学習スケジュールを組み効率的な勉強方を取り入れていくことで問題を解く能力を向上させられるでしょう。

また、どんな問題がテストで出題されるのか分析することで高得点をぐんと狙いやすくなります。自分の苦手なポイントを把握しきちんと向き合って学習をすることで納得のいくテスト結果を得やすくなるはずです。