数学の勉強マニュアル!効果的な勉強方法を徹底紹介!


数学なんて勉強しても理解できないと思っていませんか?苦手と感じる科目も、きちんとした順序と正しい方法で取り組めば点数をとることができるものです。難しい問題を解けるほど良いと感じるかもしれませんが、初めから解けるわけがありません。

まずは基礎的なレベルから標準的なレベルまでは「どのように取り組めば解けるようになるのか」数学には勉強のコツをご紹介します。

どの科目にも共通しますが、少しのコツをつかむことで驚くほど勉強というものはスムーズに進めることができます。

数学の勉強に欠かせないやるべき項目って?

数学は公式を理解したからといってテストで点数が取れるわけではありません。

また教科書の例題レベルの問題を解けたとしてもテストの点数は伸びないでしょう。まずは授業についていけるようにしていくことが大切です。

テストの点数を上げるためには標準レベルの問題を解けるようにする必要があります。

しかし最初から標準レベルの問題に取り組むのではなく、まずは基礎から勉強を始めていきましょう。

苦手科目を克服するには焦らずじっくりと取り組むことが大切です。

数学が嫌いな人が取り組むべき勉強の基本を教えて!

数学が嫌いだったり苦手だったりする人のための勉強法として気をつけるべきポイントが5つあります。

授業を真面目に受ける

1つ目は「授業を真面目に受けること」です。

授業についていけないかもしれませんが、まずは集中して授業を聞いてみて少しでも理解できるところを探しましょう。

自分に合った参考書を選ぶ

2つ目は「自分に合った参考書を選ぶこと」です。初めはイラストやカラーの多いものでも構いません。

自分が理解しやすいかどうかを重視し自分が解きやすいと感じる問題ばかり載っている参考書から始めましょう。

目的意識を持ってから問題を解く

3つ目は「目的意識を持ってから問題を解くこと」です。ただ作業のように解くのでは意味がありません。

苦手を克服したり点数を取ったりするために勉強するなど、目的を持つと勉強内容も濃くなります。

勉強に制限時間を設ける

4つ目は「勉強に制限時間を設けてみること」です。例えば「この問題は5分で解く」など制限を設けると、ダラダラと時間を過ごしてしまうことを防げます。

苦手科目は集中力が落ちやすいので時間で制限を設けることはかなりおすすめです。

公式への理解を深める

5つ目は「公式への理解を深めること」です。最初は暗記でも構わないのですが「なぜその公式ができたのか」「どのようなときに役立つのか」など根本的なものを理解しておくほど問題のレベルが上がったときに対応しやすくなります。

短期間集中で数学の成績アップを狙う勉強法

もうすぐテストがある人などは、あまり数学にかける時間がないかもしれません。短期間で効果的に勉強するには5つのポイントを押さえましょう。

基礎力を優先してつける

1つ目は「基礎力を優先してつけること」です。難しい問題や標準的な問題ばかり目が行くかもしれませんが、数学で大切なのは公式や定石の解法など基礎的な部分です

ここを理解できない限り上のレベルにはいけないため、焦るかもしれませんがやはり基礎から進めていきましょう。

定石問題を繰り返して解く

2つ目は「定石問題を繰り返して解いて覚えること」です。理解したと思っても意外と忘れてしまうものです。

時間を空けて再度取り組み、手が勝手に動くくらいまで繰り返して解きましょう。

同じ問題集を何度も解く

3つ目は「同じ問題集を何度も解くこと」です。2つ目のポイントとかぶりますが、多くの問題に取り組めばよいわけではありません。

特に時間がないのであれば、問題数を絞ったうえで完璧に理解するまで解きましょう。そうすることで絶対に解ける問題を自分のなかにつくることができ、点数に結びつきやすくなります。

自力で解けない問題は解答を見る

4つ目は「自力で解けない問題はすぐに解答をチェックすること」です。

わからない問題はいくら考えても答えは出ません。考えている時間は無駄なので、1~2分考えてもわからなかった問題はすぐに回答をチェックし理解することを優先しましょう。

継続可能なスケジュールをたてる

5つ目は「毎日続けられるようなスケジュールにすること」です。

気合いを入れて「毎日100問解く」など目標が高すぎると続かずに3日坊主になってしまうばかりか、さらに数学が嫌いになるかもしれません。

コツコツと続けられるペースのスケジュールを考えましょう。

数学の問題集を活用して成績アップさせるための勉強法

数学の学習には効果的に問題集を利用することもおすすめといえます。

次の6つのステップポイントを意識して進めてみましょう。

書かれている説明・解説を読む

1つ目は「書かれている説明・解説を読むこと」です。「どのように解くのか」「なぜこの問題にはこの解き方を使うのか」という知識を丁寧につけていくことで自然とほかの問題も解けるようになります。

例題を解く

2つ目は「例題を解くこと」。解き方をインプットした後は実際にその解き方を使ってみましょう。

そうすることで理解したものを定着させることができます。

類題を解いてみる

3つ目は「類題を解いてみること」です。問題数を重ねることで理解度も上がり考えるよりも先に手が動くくらいになることが理想です。

章末問題を解く

4つ目は「章末問題を解くこと」です。少しレベルが上がり標準レベルくらいになると解き方を組み合わせて解くものなどもあります。

よりテストの近い形式に取り組むことで本当に自分のレベルが上がったかどうかを確認できます。

正答率を記録する

5つ目は「正答率を記録すること」。毎回間違える問題は自分の苦手とする問題形式なはずです。

その問題こそ克服するべきもののため、すぐに見分けがつくよう印をつけることはおすすめです。

苦手な問題を解き直す

6つ目は「苦手な問題を解き直すこと」です。覚えたと思っても実際に解いてみると解けないことは多々あります。

自分の力を過信せず本当に自分の力で解けるまで取り組みましょう。

さらに上を目指すための勉強法は?

さらに上を目指すためには応用問題や入試レベルの問題を解いてみましょう。

最初は解けなくても構いませんが、少しでも解けそうな感じがしたり最初の部分だけでも解けたりすると自分の成長を感じられるものです。

また制限時間を設けて解いてみると同じ問題でも難易度が上がります。

1度解いた問題でも構いませんが、初見の問題を時間制限ありで解くことは集中力が必要ですし数学だけでなく、ほかの科目にとっても良いトレーニングになるでしょう。

まとめ

効果的な勉強方法で取り組めば数学を少しでも克服できるはずです。テストが迫っている人も焦らず、まずは基礎から始めていきましょう。

自分の力を過信せず確実に行えると思うレベルの勉強法を参考にすることがポイントです。周りの人が難しそうな問題に取り組んでいるのを見ると「こんな簡単な問題で良いのか」と不安になるかもしれません。

しかし最終的に数学で点数が取れるようになるのは基礎をしっかりと積み上げた人です。自分のレベルにあった勉強法を取り組んで数学の成績を着実に上げていきましょう。

あわせて読みたい記事

【数学克服系東大女子が送る】苦手な数学との付き合い方と克服法

2017.11.14

なぜ君は数学が苦手なのか〜原因分類と対策方法|東大入試研究会

2017.11.13

合否はココで決まる!?数学の問題集の適切な分量と選び方まとめ

2017.11.12