音楽は暗記の邪魔?集中力アップ?活用するためのポイントとは

音楽は暗記の邪魔?集中力アップ?活用するためのポイントとは

勉強をするときは余計な雑音に集中力を妨げられたくありません。雑音を消すため、勉強をするときに音楽を聴く人もいるでしょう。しかし、音楽を使った勉強方法を理解しなければ、暗記の効率が悪くなる可能性があります。

音楽の選曲や音楽を聴きながら勉強するメリットを把握することで、テストまで効率よく勉強を行うことができます。音楽は暗記をするのにジャマになるのか、どのような音楽が勉強と相性が良いのかを確認していきましょう。

暗記に歌詞はジャマ!?避けたほうが良い音楽とは

暗記をするときは、できるかぎり静かな環境で集中して行うのが良いですが、集中ができず気分を変えたいときに音楽を聴くのは効果的に働く場合があります。

しかし、音楽には多くのジャンルがあります。邦楽や洋楽、インストゥルメンタルやクラシックなど、曲により歌詞や言語など多くの違いがあります。そのなかには、暗記に適さないジャンルもあります。暗記と相性が悪い音楽は邦楽の歌詞付きの曲でしょう。

日本語の歌詞を聞いていると、つい歌詞を頭の中で追いかけてしまい暗記をする内容が頭に入ってきません。言葉が追えない洋楽や曲のみのクラシックなどのほうが暗記に集中できるでしょう。

この音楽を聴いているときは暗記をするなど、暗記のときに聴く音楽を決めておくと、音楽の旋律と関連付けて暗記をすることができたり、自分に暗記の勉強するスイッチを入れるきっかけを作ったりするのに良いでしょう。

しかし、英単語など発音なども重要となる暗記には音楽自体が向きません。リスニングCDや自分で発音をしなければ、効率が落ちてしまう可能性があります。

音楽を無しで集中することも大切!テスト環境では音楽は無い!

当たり前ですが、テスト中は音楽を聴くことはできません。そのため、常に勉強中に音楽を聴くクセがついていると、テスト中に集中することができなくなる可能性があります。あくまで勉強はテストのために行うということを覚えておかなければいけません。

音楽を勉強するきっかけに使ったり、気分を変えるために使用したりすることは決して悪いことではありません。しかし同時に、音楽が無い状況で集中することができるようすることで、テスト本番でも集中力を発揮することが期待できるでしょう。

音楽が無くても集中できるようするためには、普段の勉強中にも音楽を使い分けることが大切です。音楽をずっと聴いて勉強するよりも、集中力が高まってきたときは音楽を聴くことを止めたり、静かな環境で勉強ができるときは音楽を聴かずに勉強をする時間を設けたりすることで、音楽が無くても集中することができるようになるでしょう。

暗記にも効果的!?音楽を聴くメリット

暗記には音楽を聴かないのが一番良いと記載しましたが、音楽が暗記にはデメリットであるというわけではありません。

暗記の勉強を面白く思わない人もなかにはいるでしょう。しかし、音楽により勉強の時間を楽しい環境に変えることでやる気につなげることができます。

例えば、勉強を始めるきっかけに音楽を聴いて勉強を始めるクセをつけるなど、工夫をすることで勉強をする頻度を上げ、能率を上げることが期待できます。また、音楽を聴きながら勉強をすることで、長時間疲れることなく集中力を維持できる可能性もあるのです。

音楽を聴きながらでも勉強の集中が高まれば音楽に気を持っていかれずに、何を聴いていたのかわからないくらいに集中できることもあります。音楽の作用はそれだけではありません。勉強は必ずしも自分の部屋や学校など、環境が整った場所でできるわけではありません。

なかにはカフェやファミレスなどで勉強を行う人もいるでしょう。しかし、飲食店などで勉強をする場合、周りの雑音が気になって集中することができない人もいるはずです。そのようなときでも、勉強時の音楽をヘッドホンやイヤホンを使って聴くことで、いつもと同じ環境を作り集中を高めるきっかけに使用することもできます。

集中力をアップさせてくれる作用のある音楽とは

勉強のときにおすすめの楽曲もいくつかあり、個人の好みによって変わる部分もありますが、基本的に歌詞が無い曲を選ぶのが良いでしょう。

例えば、クラシックやヒーリングミュージックのようなジャンルだと、曲に気を持っていかれることが少ないはずです。そして、曲に抑揚や不協和音が多いと集中力が妨げられるリスクがあります。できるかぎりテンポが一律で、テンションも一曲を通して同じような曲のほうが集中力を持続するにはおすすめです。

クラシックのなかでは、モーツァルトは集中力を高める音楽として研究が行われています。モーツァルトの曲には協和音を使用した曲が多く、協和音が脳の認識機能を高め、集中力を高める期待が持てるのです。そのため、勉強のときに選ぶ楽曲は協和音で歌詞がない曲を選ぶのがベストといえるでしょう。

まとめ

音楽と集中力は関係性があり、使い方によっては集中力を長く続けさせたり、高めたりする作用が見込めます。しかし、使い方を間違えると集中力が妨げられ、せっかくの勉強時間が無駄になる可能性もあることを覚えておきましょう。

はじめは勉強を行うきっかけにするために好きな音楽を聴くことも良いですが、勉強のための音楽や勉強に関連付けて音楽を使用することで、能率よく学習することができるようになります。音楽を活用して、効率の良い勉強を行っていきましょう。