書き方・まとめ方次第で成績アップ!うまくノートを活用する方法とは?

書き方・まとめ方次第で成績アップ!うまくノートを活用する方法

思うように成績が上がらない、なかなか試験勉強に集中できないと悩んでしまう原因は、実はノートの書き方・まとめ方に問題があるからかもしれません。

ひたすら板書されたものをノートに書き写しても、後から見返したときにどこが大事なのかわからなくなってしまいます。見にくいノートだと、それだけで勉強をする意欲も半減してしまいますよね。

今回は、テスト対策に挑むための効果的なノートの書き方・まとめ方について見ていきましょう。

見やすいノートが成績アップの鍵!うまく構成を組み立てるポイント

ノートを取るという行為はそもそも、後から見返したときのための記録を残しておくという作業です。そのため、ノートを使って勉強をしようとしたときに「何が書いてあるのかわからない」といった構成の仕方では、ノートの力を最大限に発揮することができません。

ノートを書いたり、まとめたりするときに心がけておきたいポイントは、見やすいノートを作るということです。そのためには、「余白を残す」ことが大切になります。

ぎっしりと文字を書き詰めたノートはその場では勉強をした気になってしまいますが、後から見返したときにどこが重要なのかわからなくなってしまうものです。

1行ずつ空けてノートを取るくらいの姿勢でいましょう。多少もったいない気がしても、後から書き加えたりするときにもノートがごちゃごちゃしないため、おすすめの書き方です。

また、重要なキーワードは太字で書いたり、項目ごとにタイトルをつけたりすることも心がけてみましょう。項目が変わったら下のほうに余白が残っていても次のページに新たに書き始めるなど、工夫をしてみてください。

カラフル過ぎるのもNG!ペンの色は2、3色に留めるのがベスト

文具店などではさまざまな色のペンが売られていますが、ノートをまとめるときに使うペンの数はできるだけ少ないほうがいいでしょう。

カラフルにペンを使っていくと一見ノートの見栄えは良くなるものの、目がチカチカとしてしまって勉強に集中できない要因になってしまいます。一方で、黒だけでまとめてしまうとどこが重要な点なのかわからなくなってしまうものです。

基本はシャープペンシルなどの黒を使い、重要な点を赤色のペンで書くなどのルールをつくるとよいでしょう。

そのうえで、自分が好む色のペンを1本使ってみるとモチベーションも上がって効果的です。特にない場合には青色のペンがおすすめですが、これは強調したり間違えやすいところに使ってみたりすると、パッと見たときにどこを勉強し直せばいいかがわかります。

黒・赤・青であれば、三色がセットになったボールペンもあるのでそれを使ってみてもいいでしょう。ただ、あまり色を多くしすぎないほうが、ノートは見やすくまとまることを忘れないでください。

ノートは単なるメモではない!オリジナルノートに変えるためのポイント

ノートは提出するためにきれいに取るという意味合いもありますが、基本的には自分のために取るものです。そのため、自分で使いやすいようにカスタマイズしていく書き方も大切になります。

テスト対策として暗記しやすいようにノートを作成するなら、蛍光色のペンなどを使ってみましょう。暗記をしたい場所などに使い、同じ色の下敷きで隠すことによってその部分だけ見えなくなります。テスト前に暗記をすることが多いときには力を発揮します。

また、記号や公式、年表などは、1ページもしくは見開きページにまとめていくといいでしょう。

ルーズリーフを使って、その部分だけをノートとは別にまとめるのもよい方法です。歴史だと年表にまとめることで全体の流れをうまく把握できるので、効率よく暗記するのに向いています。

まっさらな1ページをそのまま使うのではなく、最初にノートの4分の1ほどのスペースを定規で線を引いて区切ってしまうのもひとつの手です。こうすることで、補足事項を付け加えやすくなりますし、重要な部分と補足の部分をきちんと分けることができます。

「方眼ノート」は図やイラストの多い教科に向いている!

ノートの種類には「方眼ノート」と呼ばれるものがあります。方眼ノートとは、方眼紙のように、ノートにビッチリとマス目が埋まっているノートのことです。

このノートは単に罫線だけが引いてある大学ノートよりも、図やイラストを多用する理科系の教科で使うのに向いています。図やイラストは小さく書いてしまうと後から見返したときに見にくくなってしまうので、できるだけ大きめに書いておくといいでしょう。

方眼ノートのメリットは、その都度定規を使わなくても、フリーハンドでうまく図やイラストがかける点にあります

また、行の頭をそろえることができるので、見やすいノート作りに向いているといえるでしょう。それほど書き方を意識しなくても、余白をきれいに取ることができるので、スッキリしたノートの作成には欠かせないノートです。

まとめ

テスト対策は、実は普段の授業で使うノートの書き方から始まっています。ただ書きなぐってしまうのではなく、後から見返したときに見やすいノートを作成することが肝心となります。

行間に余白を持たせて、使うペンは2〜3色に留めてみましょう。また、図やイラストを多く用いる教科は方眼ノートを使ってみるのもおすすめです。重要なキーワードなどは色ペンと同色の下敷きを使うことで、暗記がしやすいノートにカスタマイズをしてみましょう。

ちょっとした工夫を心がけることで、成績アップにつながるノートを自分で作ることができるので、ぜひ実践してみてくださいね。