これで点数アップ!コツコツ進める定期テストの勉強法

これで点数アップ!コツコツ進める定期テストの勉強法

定期テストは計画的な勉強が大事とよく言われますが、そうはいってもなかなか事前にコツコツ勉強することは難しいですし、そもそもやり方がわからないといった人もいることでしょう。

そうしているうちにテストの日が迫ってきて焦りながら勉強するも、結果は惨敗という流れに陥ってしまう人に紹介したいのが、コツコツ勉強法です。

定期テストの2週間前、1週間前、3日前、そして前日はどのように過ごせば、高得点に繋げることができるでしょうか。

定期テスト2週間前は復習から

定期テスト対策は、2週間前から始まります。とはいっても、学校によってテスト範囲は1週間前に発表されるところもあるでしょうし、ばらつきがある時期です。

しかし、大事なのは2週間前から少しずつ始めるということになります。テスト範囲が発表されていなくても、普通の定期テストの場合は進んだ教科書の範囲から出されます。

この時期の勉強法としては、はじめのほうに学習した範囲の復習から行いましょう。忘れている事項も多いでしょうし、いきなり2週間前からガツガツ勉強しては、テストまでに力尽きてしまいます。

テスト範囲が発表されている人は範囲をしっかりと確認するとともに、まずは一通り目を通して苦手だと感じているところを確認しておきましょう。この時期にお勧めしたいのは、どんどん問題を解いていこうとするのではなく、まずは勉強のリズムを掴むために復習から入るということです。

定期テスト1週間前は苦手から逃げない

1週間前ともなればすでにテスト範囲は発表されており、いよいよ周りも勉強し始める頃でしょう。この時期の勉強法として出題範囲に苦手分野がある場合、まずはその範囲を集中的に勉強しましょう。

定期テストでは特別難しい問題が解けるかということよりも、基本を理解しているかということが高得点に結びつきます。理解しにくい分野や科目は取り組みたくないかもしれませんが、伸びしろがあるのも事実。得意なところばかり勉強しないように注意します。

また、教科数が多い場合は時間の割り振り方も大切です。しかし、どの科目に何時間という決め方はしません。時間で目標を決めてしまっては、その時間にした勉強内容がどうだったのかという振り返りができません。

何時間勉強したということに満足してしまって、同じ1時間でも意味のない時間を過ごしてしまう可能性があります。1週間はすぐに過ぎてしまいますし、苦手分野やテスト日が早い科目を中心に勉強しましょう

定期テスト3日前にはできるだけ多くの問題に触れる

3日前ともなれば、ある程度テスト範囲の勉強が終わっている科目となかなか順調に進まない科目に分かれている頃です。

もちろん、取り組むべきはテスト範囲の勉強が終わっていない科目になります。しかし、ある程度どの科目も順調に進んでいるのであれば、少し難しい問題にチャレンジしてみてもよい時期です。

たとえば、教科書の章末問題や実力問題などといったものや、教科書に準じている参考書の問題です。基本をおさえることができていれば、応用問題にも取り組むことができます。

定期テストは実力テストと違い、今まで見たことないような問題が出ることは少ないものの、多少は出題方法などを変えて出されることもあります。できるだけいろいろな問題に取り組んでおくことで、本番でも焦らないようにしておくことが大切です。

また、国語や英語などの語学は、文章の暗記が完璧かを確認するとともに、授業中に解説された文法事項や単語、熟語などの重要フレーズが頭に入っているか確認しておきましょう。暗記ものは1日で身につけることが難しいので、遅くても3日前には始めておきましょう。

定期テスト前日は確認程度に

前日ともなれば、悪あがきはせずに今まで勉強した範囲の復習をしましょう。どれだけ問題を解いても身についていなければ意味はありません。

脳は繰り返さなければなかなか覚えることができませんし、どんなにすばらしい勉強法があったとしても、前日に取り組んだ問題が身につく可能性は低くなります。それよりも、過去に解いた問題や文章を見直すことで脳の記憶を呼び覚まし、知識を定着させましょう。

また、前日はテスト勉強の疲労もたまってくる頃でしょう。無理をして徹夜などせずに、しっかり睡眠を取ることが大切です

脳内の記憶は寝ている間に整理されると言われていますし、常に起きていては知識が定着しません。そればかりか、判断力や考える力も鈍ってしまい、普段なら落とさないような簡単な問題すら間違えてしまうことになります。

テスト前日は潔く寝ることと、今までの復習のみで終えましょう。

まとめ

この記事では、2週間前からテスト当日まで、時期別に行うべき事柄を紹介しました。

コツコツ勉強することは難しいですが、できるだけ事前に勉強することで繰り返し同じ問題に取り組むことができ、知識の定着度に差がでます。特に暗記物は一夜漬けでどうにかなるものではないので、最低でも3日前、余裕を持って1週間前から始めるのがよいでしょう。

やみくもに勉強するのではなく、科目ごとのテスト日なども確認しながら計画的に取り組むことを意識してみてください