運動すると勉強がはかどるって本当?覚えておきたい勉強と運動の関係


「文武両道」という言葉について、勉強も運動も同じくらい頑張ることだと考えている人は多いでしょう。

しかし、実は勉強と運動には相互作用があると知っているでしょうか? 勉強を頑張ると運動にも良い影響が生まれますし、そのまた逆もあてはまるのです。ただし、勉強に運動を組み入れるためには相応の工夫と努力も求められます。

ここでは、勉強のために適度な運動を行う際、注意したい点について詳しく解説していきます。

勉強と運動の関係!運動すれば勉強がはかどるって本当?

長時間勉強を続けていると、姿勢が固定されて肩こりやむくみの原因になります。毎日を過ごすうえでこれらの症状は辛いものですが、勉強の進行も大きく妨げる傾向があります。

こりやむくみは血の流れが停滞している状態です。すると、脳内にも必要なだけの血液や酸素が送られなくなり、思考力は低下します。そこで、勉強中にも姿勢を矯正するための適度な運動が求められるのです。

また、集中力を持続させるためにも運動は効果的です。同じ姿勢で同じような思考を続けていると、人間の集中力は弱まっていきます。

これは、ストレスがたまってくるのと同時に、無意識のうちに状況を飽き始めているからだと考えられます。脳が退屈してくると、別のことを考え始めるなど集中が途切れがちになるのです。

そこで、長時間の勉強に取り組むときほど適度な刺激を与え、脳をリフレッシュさせる工夫が必要です。軽い運動を取り入れると、集中力は持続して勉強もはかどるでしょう。

勉強のために!生活に運動を取り入れるメリット

勉強に運動を組み入れるメリットは数多く存在します。まず、勉強時間中のメリハリがつけられて気分がリフレッシュします。季節の変わり目や真冬など、体調を崩しやすい季節に運動をすると免疫力も高められます。

適度に体力をつけたほうが体調は整い、日々を健康に暮らせます。集中力アップのためにも運動は有効です。脳に新しい刺激を与えることで思考のマンネリを予防し、常に高い思考力を維持できます。

運動をすると体が疲れるという人もいますが、軽い運動にとどめておけば、むしろ疲労回復に役立ちます。関節や筋肉をほぐし、肉体のダメージを分散できます。また、運動をしている間は無心に体を動かせるので、ストレスの解消もサポートしてくれるでしょう。

運動は新陳代謝を促し、成長ホルモンの分泌も活性化させます。身長をまだまだ伸ばしたい人、筋肉をつけたい人には、勉強の合間にこまめな筋トレを行うことをおすすめします。

運動と勉強のタイミングはいつ?ベストなタイミングは?

勉強に運動を取り入れる際にはタイミングも重要です。たとえば、「勉強中に疲れないためにも、勉強の途中や終わりに運動したい」という人もいるでしょう。

しかし、勉強の効率を高めたいなら勉強を始める前に運動するのがおすすめです。運動をして血流を良くした状態で勉強を開始すると頭の回転が良くなり、勉強の進行が早くなります。

特に、朝の時間帯に運動をするのはより効果的でしょう。朝は新陳代謝が活発化しており、肉体への刺激に敏感な時間帯です。また、一日の始まりに運動し集中力を高めておくと、一日をすっきりとした頭で過ごせます。

注意点としては、運動を頑張りすぎて疲労感をともなわないようにすることです。長時間のジョギングや激しい無酸素運動などは肉体の負担になり、勉強中に眠気をもよおす危険もあるでしょう。

また、体が完全に覚醒していない早朝にも激しい運動はおすすめできません。かわりに、ストレッチや軽い有酸素運動など、リラックスして行える運動が得策です。

引退したら運動はやめるべき?勉強の大きな落とし穴

運動部の高校生にありがちな行動として、引退をきっかけに運動をまったく行わなくなってしまうパターンが挙げられます。運動に当てていた時間を勉強につぎこむ姿勢は評価されてよいと思いますが、完全に運動を辞めてしまうのはもったいないかもしれません。

なぜなら、運動には勉強をサポートするためのさまざまなメリットがあるからです。集中力を高め、脳の回転を早くする運動を切り捨ててしまうのは逆にデメリットが大きいでしょう。

そして、今まで部活を真剣に取り組んできた人ほど、急に運動を止めると生活リズムが崩れ、勉強にも支障をきたします。脳が生活の変化に追い付けず、思考力が低下する恐れもあるでしょう。

部活を行っていたときほど真剣に運動を続ける必要はありませんが、適度な運動は継続することをおすすめします。軽く部活に顔を出したり、ウォーキングを行ったりするなどの軽い運動にとどめておくと、勉強にもよい影響が与えられます。

まとめ

高校生は学校行事や勉強に忙しくて、なかなか運動ができないケースも珍しくありません。しかし、激しい運動でなくてもできる範囲の軽い運動を実践すれば、勉強にも役に立ってくれるのです。

また、適度な運動は健康のためにもおすすめです。受験生は風邪やインフルエンザが入試に大きく影響しますから、体力の維持にも気をつけてください。日々、運動を続ける習慣を身につけて、心も体もリフレッシュさせてみてください。