勉強の仕方が分からない… 学習の基本とおすすめの勉強方法

勉強の仕方が分からない… 学習の基本とおすすめの勉強方法

成績を上げたくて机に座ってみたけれど、実はどのように勉強していいのか分からないという経験はありませんか?

これまでに基本的な学習方法を教えてもらう機会に恵まれず、自然と身に付いた自己流の勉強法で続けてきた人の中には、どこか小手先のテクニックにとらわれてしまい、思うように成績が伸びずにいるケースも少なくありません。

着実に成果を出すためには、まずはしっかりと基本的な学習方法を知り、自己流の問題点を改めましょう

やってはいけない!間違った勉強方法

せっかく勉強しようと思っても、間違った方法では成果も期待できません。

そこで、効率的に勉強したいなら、自分の現状を確認することが大切です。特に苦手な教科については細かな確認が必要で、どの分野を理解できていないのか把握できると学習効率もアップします。

そのためには、学習計画を自分なりに立てると良いでしょう。計画することで勉強するペースもつかめますし、達成感も得られます。

しかし、過密すぎるタイムスケジュールを立てると、こなすだけの作業となってしまい勉強に集中できなくなります。定期的に予備日や休憩時間なども入れておけば、スケジュールに追われこともなく余裕を持って勉強を続けられます。

勉強する時も、覚えたいことはその場で覚えてしまう習慣をつけるのもポイントです。自分で時間制限を設けて暗記し、小テストでどれだけ覚えたのか確認しましょう。

覚えることを優先したインプット中心の勉強だけでは記憶も定着せず、書くなどのアウトプットと組み合わせることで効率が上がります。また、覚えたことを誰かに説明しても良いでしょう。人に伝えるために、自分なりに記憶を整理するからです。

基本的な学習の仕方!分からない時こそ基本を押さえよう!

基本に忠実な勉強法には、普段から使っている教科書が欠かせません。教科書には、勉強に欠かせない知識や解説が無駄なく掲載されているので、優先的に学習でも使用します。教科書をくり返し読み込むことで自然と文章まで頭に入り、知識となります。

また、教科書の問題をくり返し解くことで基礎力が身につきます。苦手な問題や間違えやすい問題は、さらに問題集を使って補いましょう。教科書をしっかりと使い込むことで基本に忠実な学習が身につき、理解につまった時も基本に立ち返ることができます。

教科書を使って学習すると苦手な分野がなくなるので、苦手意識をなくせます。基本を何度もくり返すことで解答スピードも向上し、知らぬ間に実力が養われます

実際に、応用問題にも移りやすく、成績が安定しながら全体的に向上してきます。特に、間違えた問題や苦手な問題はチェックしておき、学習記録として要点をまとめると良いでしょう。

また、自分が出題者の気持ちになって教科書を読むことで、覚えておきたい知識などがわかるようになるでしょう。さらに、関連した知識同士が結びつくことで確実な記憶として定着します。

効果的な勉強方法!学習のポイントは?

効果的な勉強方法を身につけるためには、教科書をベースにすることからはじまります。

さらに、暗記学習が求められる教科では、早い時期から重要なワードを覚えましょう。基本的なワードを早めに覚えておけば、後から関連する事柄が頭に入りやすいので、さらに効率よく学習できます。

また、問題を解くことで理解を深めていく教科では、基本問題を優先的に解いてみましょう。

一通り基本問題が解けるようになれば、習熟に合わせて応用問題にも取り組むとさらに効果的です。基本的な理解が教科書をベースにしたことで身についているので、極端に苦手な分野はできないでしょう。

その中でも、間違えやすい問題はチェックしておき、何度も解き直します。現代文と古文に関しては、あらかじめ文章に慣れておくことで、その後の学習が効率的に進みます。ベースができていることで、さらに知識を追加することも柔軟に対応できます。

また、完全に理解ができなかった問題は、「分からないこと」を中心に一覧表にして復習すると効果的です。

勉強方法が分からない人におすすめ!短時間学習の方法

勉強の仕方がつかめるまでは、集中力に合わせて1回30分程度の制限時間を設けて学習しましょう。その後10分の休憩を挟み、また30分と繰り返します。一度、時間を区切ることで自然と勉強にメリハリがつき、結果的に学習効果も向上するはずです。

また、暗記する学習では目だけではなく手や耳を使って、書きながら声にも出すなど五感を有効に使いましょう。復習する時は、特に記憶があいまいなところを中心に反復すると効果的です。

英語の学習効率を上げる方法としては、たとえば日記を英文で書いてみることでより英語に慣れ、言語としての理解も深まります。新しく覚えたことを積極的に使うと知識が定着するでしょう。

ノートは見やすいようにまとめ、教科書を上手に活用しましょう。

まとめ

教科書には、分かりやすい解説と基本問題が充実しています。そこで、効率的に勉強するためにも教科書の活用が欠かせません。効率的な学習を教科書で補うことで基本知識がしっかりと養われ、応用問題にもスムーズに移行できる知識が得られます。

また、学習に慣れるまでは勉強時間に制限をおくことでメリハリがつき、効率的な学習が期待できます。知らない間に身についてしまった自己流の癖を直すことで、着実に成果が期待できる学習環境が得られるでしょう。