テストの1週間前から追い込む!点数アップの秘策


高校生は、勉強や部活など忙しい毎日を過ごしています。

本来なら毎日コツコツと勉強をして、ペースを維持していくことが理想です。

しかし、勉強に関しては「なかなか思い通りにいかない」と悩んでいる高校生も多いのではないでしょうか。

テストの日が近くなると毎回焦ってしまうという人におすすめしたいのが、テスト1週間前だからこそできる効果的な勉強の方法です。

今回は、テストの1週間前から点数アップを狙うための勉強法について解説します。

テスト1週間前だからこそ集中力アップ!

「普段はなかなか勉強に集中できない」という人でも、テスト直前になると集中力が高まるということはよくあります。

集中力が上がると、それだけ勉強が頭に入りやすいというメリットがあるので、勉強法そのものを改善することで点数アップを狙うことも十分に可能です。

しかし、短期集中型に慣れてしまうと、普段は勉強しない体質になってしまいやすいというデメリットもあります。

大事なのはあくまでも普段の積み重ねです。

テスト直前に集中して勉強をしたことによって一度は想像以上の結果が得られたとしても、毎回のテストで良い結果が得られるとは限りません。

毎日コツコツとした積み重ねが何よりも大切だということを肝に銘じておきまよう。

わからない部分を洗い出そう

テスト勉強に取りかかる時には、「何がわからないのか」ということを明確にしておく必要があります。わからない部分を明確にするということは、一見すると当たり前のことのように思われがちです。

しかし、この作業ができていない高校生は非常にたくさんいます。

テスト範囲はあらかじめ決められているため、時間の配分などを考えないまま、テスト範囲のはじめの方から勉強に取りかかるケースが多く見受けられます。

この方法は非常に効率が悪く、最悪の場合、テスト範囲の最後の方のページはほとんど勉強ができないということにもなり兼ねません。

わからない部分を洗い出す作業を行うことで、その内容に見合ったテスト対策、時間配分を行うことができるようになります。

そして、わからない部分が明確になったら早めに先生に質問をして問題を解決するなどしておくと、得点に結びつきやすいと言えます。

テスト直前は先生へ質問をする生徒が増えることが予想されるため、先生への質問は早めにしておきましょう。

暗記は音読で効率を上げる

テスト直前は「暗記を集中的に繰り返す」という勉強法もおすすめです。

普段は暗記が苦手という人でも、テスト直前は集中力が高まっていることから、すんなりと暗記しやすいといったメリットがあります。

暗記を行う時には、音読をすることがポイントです。

どんどん声に出すことによって、勉強の効率がアップしていきます。また、声に出して読むと、脳に定着しやすく忘れにくいといった特徴もあります。

テスト直前にはすき間時間も有効に活用して、しっかりと声を出して暗記をしましょう。

苦手な部分だけを集中的に反復する

テスト勉強に取りかかる時には、得意な部分と苦手な部分を明確にしておくことがポイントです。

普段から解けている問題については「得意な部分」として良いと考えられるため、テスト1週間前にあえて行う必要はありません。

テスト1週間前には、苦手な部分に特化して問題を解いていくことが大切です。

まずは参考書やテスト範囲で分からない部分、間違えやすい部分をピックアップしていきます。

そして、それらの部分を集中的に繰り返して頭に入れていきます。「同じ傾向の問題であるにも関わらず、何度やっても間違えてしまう」という問題については、自分の苦手分野と考えられます。

何度も間違えてしまう問題は先生に質問するなどして、テストまでには必ず自力で解けるようにしておきましょう。

まとめ

テスト直前になると、集中力がアップするという特徴があります。

そのため、テスト1週間前から苦手項目に特化したり、暗記を集中的に繰り返したりするという勉強法で点数アップを狙っていく方法があります。

しかし、この方法はあくまでも緊急用と考えた方が良いでしょう。

普段からの勉強の積み重ねが大切です。テスト直前になって焦って行うのではなく、毎日コツコツと学びを続けて、一定の勉強するペースや習慣を身に付けていくことが重要です。