成績アップにつながる4つのコツ!高校一年生におすすめの勉強方法

成績アップにつながる4つのコツ!高校一年生におすすめの勉強方法

高校生活の一年目は、何かと変化の多い年です。いざ高校に入学したものの、勉強方法に戸惑っている新入生も多いのではないでしょうか。

ですが、結果につながる勉強方法を身につけることができれば、定期テストの成績を上げることはもちろん、習った内容をしっかり頭に入れることも難しくありません。

ここで紹介するのは、成績アップを目指したい人におすすめの4つの勉強のコツです。勉強方法に悩んでいる人や興味がある人は、定期テスト前はもちろん普段の勉強にもぜひ役立ててみてはいかがでしょうか。

成績アップのためのコツ1:一年生は進路を意識した勉強が大切!理解度を高めるための勉強を心がける

成績アップのためのコツ1:一年生は進路を意識した勉強が大切!理解度を高めるための勉強を心がける

受験が終わってホッとしたのも束の間、高校一年生になると勉強以外にも友達づきあいや部活など、やらなければいけないことが多く忙しくなりがちです。

新しい環境に慣れるまでは自分のペースをつかむことが難しいので、勉強がスムーズにいかないことも少なくないでしょう。毎日の通学時間や自宅での時間を有効活用しながら、上手く勉強の時間を確保することが大切です。

高校一年生の過ごし方によって勉強の理解度や進路も大きく変わるので、自分のペースややりやすい勉強方法を早く見つけましょう。中学校の勉強で苦手教科があった場合は、復習をしっかりとしながら克服しておく必要があります。

また、普段の授業でわからない点があったときには、そのままにしないで先生に聞く習慣をつけておくと、理解度を高めつつ新しいことを学習できるので効果的です。

時間に余裕があるうちに、進路を考えておくことも大事です。学年が上がるにつれて進路に合わせたコース選択が必要になってくるので、高校一年生のうちに将来やりたいことについて調べ、ある程度イメージを持っておくとよいでしょう。

成績アップのためのコツ2:理解度を高めるためには基礎固めが重要!

たくさんある教科のなかでも、とくに英語・国語・数学の基礎固めが重要視されるという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。理科や社会に比べると、これらの教科は積み重ねが求められるため、理解度を高めるためにはより力を入れて取り組む必要があります。

国語は読解力が求められることも多いので、普段から文章に触れる機会を持つことが大切です。

数学や英語はこれまでに習ったことがベースになっている問題も多く、躓いてしまうと次に進むことが難しい教科でもあります。一年生のうちに基礎をしっかりと固めておくことで一年生以降の勉強をスムーズに進めることができるのです。

理科や社会などの教科も疎かにならないように、バランスよく勉強するように心がけましょう。苦手強化の克服と基礎固めをしっかりとしておくと、大学受験や進路を目指した勉強の土台を作ることができます。

とはいえ何から始めたらいいのか悩んでいるという人は、まずは英語・国語・数学の基礎固めに力を入れてみてはいかがでしょうか。

成績アップのためのコツ3:自分のレベルの把握や苦手分野の克服に役立つ定期テストを活用する

成績アップのためのコツ3:自分のレベルの把握や苦手分野の克服に役立つ定期テストを活用する

授業内容をどれだけ理解できているのか、自分の苦手な分野は何であるかを知るために役立つのが定期テストです。数字で自分のレベルや理解度を知ることができるので、次の勉強に生かすことができます。

そのためには、各教科の結果を見ながら自分に足りないところを分析することが大切です。単に点数だけで一喜一憂せずに、間違った理由や勉強が足りていないところを自分なりに考えてみましょう。

定期テストは答案用紙が返却された後こそ有効な活用ができるので、しっかりと見直しをする必要があります。限られた範囲から出題されるので、テスト勉強も見直しも比較的スムーズに進めることができるのがメリットです。

定期テストで理解度が足りなかったところは、先生に聞くなどしてクリアしておくことで、今後の授業内容への取り組みもスムーズになります。自分のレベルはもちろん、学年全体の平均点も知ることができるので、周囲と比較して勉強の励みにするなど自分なりの活用方法を見つけてみましょう。

成績アップのためのコツ4:部活と勉強を両立させるには時間の使い方を工夫する

やりたいことを楽しむためには、勉強が疎かにならないように計画的に行動する必要があります。

高校一年生だからといって勉強だけに集中しなければならないわけではありませんが、やはり成績が落ちてしまうのは避けたほうがいいでしょう。部活に励んでいると体力的にもつらい時期が訪れるかもしれません。

そんなときこそ、勉強と部活を両立させることが大切です。自宅や通学中の隙間時間を使った予習や復習も効果的ですが、毎日の授業をしっかり聞くことこそが最も成績アップに役立ちます。先生の解説やアドバイスをしっかりと聞きながら授業に集中しましょう。

睡眠不足は集中力が欠けてしまう原因になるので、体を休める時間も大事にしましょう。そのうえで、隙間時間を予習や復習に使えば、より効率的に勉強時間を確保することができます。

勉強と部活を両立するためには、睡眠時間と勉強時間を上手くコントロールできるかどうかが大きなポイントです。

まとめ

高校生になると、勉強や部活などやりたいことややらなければならないことがたくさんあります。

しかし、勉強方法を見直したり時間を有効に使ったりすることで、成績アップを目指すことが可能です。苦手な教科があるのであれば、できるだけ早いうちに先生に聞くなどして克服しておきましょう。

定期テストは自分のレベルや苦手分野を知ることができるいい機会なので、結果だけ見るのではなく間違った箇所にも目を向けて理解度を高める必要があります。

部活と勉強を両立したいと考えている人は、普段の授業をしっかり聞きながら、隙間時間を有効利用できるように時間を上手に使うことを意識してみましょう。効率的な勉強のコツを掴むことができれば、成績アップを目指しやすくなります。