苦手科目を得意にする!「論理の科目」数学の勉強法


数学は特に苦手な人が多い傾向で、数学を受験科目に使わないからといって文系の進路を選ぶ人もいます。しかし数学は論理的な科目だからこそ、コツさえつかんで正しい勉強方法を実行すれば苦手科目から脱出できますし、さらに得意科目にすることも可能です。

文系でも数学が受験科目として使えると選択が広がるため、大学選びも有利になるでしょう。今回は、どのように苦手な数学を得意にしていくかという勉強方法をご紹介します。

数学にセンスは関係ない!

数学は才能やセンスなど、生まれもったもので決まると思っていませんか? 確かにもともと数学が得意な人というのはいます。しかし最初から「才能がない」と決めつけ、諦めてしまうのはもったいないことです。

きちんとした勉強法で努力すれば、得意科目にすることもできます。数学は論理的な科目のため、ものごとを順序立てて理解したり、説明したりする能力が鍛えられます

このような能力がないために数学ができないのだと思いがちですが、実は論理的思考は本当に難しい問題でしか必要ありません。高校のテストや、全国模試である程度の成績を取る分には、できない部分をできるようにするだけで良いのです。

だれしも数学が苦手に感じたきっかけがあるはずです。小学校の分数や小数点、中学校の2次関数や連立方程式かもしれません。苦手に感じるのは、その前段階のレベルをきちんと理解しきれなかったからです。

苦手に感じるレベルの1つ下のレベルをもう1度勉強しなおしてみましょう。そうすれば苦手だと感じていた部分も理解ができるようになりますし、さらにその上のレベルも理解できるようになるのでおのずと数学は得意科目になってきます。

数学は暗記科目?

数学を学んでいると、公式がたくさん出てきます。教科書でも重要ポイントとしてまとめられていることが多く、公式の暗記をさせる先生もいるでしょう。しかし数学は公式を暗記しても意味はありません。大切なのは公式を使った解き方を理解することなのです。

最初から解き方をすべて理解することは難しいため、まずは解き方を覚えましょう。最初は解き方を暗記しても構いません。暗記した解き方を使って問題を解いていくうち、だんだんと理解してくることもあります。

もちろん、最初からできる人は教科書の例題や問題の模範解答が「なぜその公式を使い」「なぜそのような手順で解いているのか」について1つずつ理解していってもよいでしょう。

参考書選びがカギ

どんな教科でもそうですが、基礎からしっかりと固めていかなければ難しい問題は解けませんし、そもそも苦手克服などできるはずがありません。

「もう数学など見たくもない」と考えているくらい苦手な方は、最初から問題を解くよりも講義をしているかのような語り口調でイラストなども多い参考書から入ると抵抗も少ないでしょう。

たとえば、「初めから始める」シリーズなどは丁寧な解説とカラーで見やすい、最初に取り組みたい参考書の1つです。数学の基礎が分かれば、次は簡単な問題演習に入っていきます。

基礎問題精講」シリーズは数学の基礎的な解き方を使った問題が多く、理解した知識を使ってみる場として非常に最適なものです。公式などの使い方をマスターした後は、少しひねった問題や、公式どうしを組み合わせて解く問題などの応用的な参考書に取り組みます。

入試の核心」シリーズは標準編と難関編がありますし、理系と文系に分かれているため志望校に合わせてレベルアップしやすいでしょう。数学は難しい問題を解けばよいのではなく、基礎から確実に積み上げていく教科です。

ここに紹介した参考書は一例ですので、自分の使いやすいもので構いません。また、それぞれの参考書を適当に終わらせるのではなく、自分に合ったレベルから始め、内容を完璧に理解してから次のレベルに進むようにすると、つまずくことなく勉強を進められます。

解けなかった問題を解けるようにする

成績を上げられない人の多くが、問題を解いた後に丸付けをして、合っていたのか間違っていたのかだけを見がちです。

しかし大事なのは、正解か不正解かではなく、どうして間違えたのか理解することにあります。ここを理解しなければ、また同じ問題で間違えてしまいますし成長しません。

自分の解答と模範解答を見比べ、どの段階で間違えたのか、自分の考え方のどこが悪かったのか明らかにします。そして、間違えた問題には印をつけておきましょう

そうすると、再度問題に取り組むときに、間違えた問題のみをやれば良いので手間が省けます。そして、また間違えた際にはもう1つ印をつけ、3回目に解くときは印が2個ついている問題のみ取り組みましょう。そうしていくと、いつの間にか全ての問題を理解できます。

まとめ

基礎を積み重ね、簡単な問題で理解した知識の使い方を学び、応用問題に取り組むというステップを踏むことで、苦手な数学も場合によっては得意科目にすることが可能です。特に、基礎の部分では徹底的に理解することを心がけ、時間をかけて取り組みましょう。

魔法のようにすぐ理解できる勉強法も参考書もありません。すべては自分の努力と、正しい勉強法が最短で理解することを可能にしてくれます。地道に進むしかありませんが、ぜひ数学の克服をがんばってください。