小さな工夫で勉強がはかどる!3つの勉強方法と復習


勉強のやる気はあるのにはかどらない、あるいは、はじめははかどっていたのに急にはかどらなくなってしまった、ということはありませんか。

そんなときは、勉強の方法を工夫してみましょう。ゴールを設定する、気分転換をする、適度な休憩を入れる、の3つの方法を取り入れることで、勉強のはかどり具合は大幅に変わります。また、復習をするにも実はちょっとしたコツがあるのです。

今回は、勉強がはかどる3つの方法と、復習の仕方について紹介します。

小さな目標と最終的なゴールを設定してモチベーションアップ

まず、勉強を始める前に今日中に達成するべきゴールを決めましょう。次に、そのゴールを達成するための小さな目標をたてます。

たとえば、「英語の長文を理解する」のが今日のゴールと決めるとしたら、「わからない単語をピックアップする」「単語の意味を調べる」「わからない文法を文法帳で調べる」などが小さな目標です。

小さな目標を設定するときには、できるだけやるべき作業を単純にすることが重要です。「単語を調べて、覚える」など2つの作業を一気に設定してしまうと、勉強を始めてすぐに目標を達成するのが難しく感じてやる気を失ってしまいかねないからです。

小さな目標を決めたら、1つ1つ紙に書き出します。その書きだした小さな目標の順番を決めていきましょう。すぐに手が付けられそうな作業から順に並べていくのがコツです。これらの小さな目標を達成したことを感じることで、勉強が楽しくなります。

さらに、小さな目標達成をコツコツ積み重ねた先にあるゴールにたどり着いたときの達成感が、勉強を続けるモチベーションへとつながるのです。

図書館・自習室なら自然と集中できる

目標をたてて勉強をしていても、どうしても勉強がはかどらない場合もあります。そんなときは勉強する場所を変えて、図書館や自習室で勉強してみましょう。図書館や自習室は静かな環境なので、集中しやすくなるからです。

自宅で1人勉強をしていると、ゲームやテレビ、インターネットなどの娯楽に誘惑されてしまいます。しかし、図書館や自習室には娯楽がないため、誘惑に邪魔されるということはなくなります。

また、図書館や自習室にはほかにも勉強している人がいるので居眠りがしづらい、勉強以外のことをしていると悪目立ちするなど、自宅で1人勉強するよりも勉強がはかどる環境が整っています。

さらに、図書館や自習室を利用できる時間は限られており、いつまでもだらだらと勉強するわけにはいきません。つまり、限られた時間で集中して勉強せざるをえなくなるのです。

また、知り合いに図書館や自習室で会ったとしても、おしゃべりをして時間を無駄にすることはありません。ですから、誰にも邪魔されずに1人で集中して勉強したい場合には最適なのです。このように、図書館や自習室は自宅で学習するよりも集中して勉強することができるので、ぜひ活用しましょう。

休憩をこまめにとって集中力を長時間保つ

休憩のとり方を工夫すると、集中力を長い時間持続させることができます。「ポモドーロテクニック」という方法を活用してみましょう。

「ポモドーロテクニック」 とは、25分間勉強し、5分間休憩をとることを1セットとして、4セット繰り返す方法です。

たとえ集中力が続くと感じても、25分が過ぎたら必ず休憩をとりましょう。4セットを繰り返したら、30分程度の休憩をし、また4セットを繰り返します。何時間も集中して勉強することは非常に難しいです。

しかし、25分間の集中を、休憩をはさみながら繰り返すことで、結果的に何時間も集中して勉強したことと同じ効果を得られます。いきなり25分間は難しい、あるいは苦手科目を勉強するときには15分間にするなど、工夫をすると勉強がはかどることにつながります。

復習は最低でも2回はすること

せっかく勉強をしても、身についていなければ意味がありません。復習はその意味で、非常に大切なのです。

効果的な復習の方法としては、まずその日のうちに勉強したことを復習します。その日のうちに復習するのは早すぎると思うかもしれませんが、その日のうちにしたことでも、意外と忘れていることは多いのです。

次に、翌日勉強を始めるときに前日の復習から始めます。これらのタイミングで復習するだけで、学習したことは身につき、さらに学習がはかどることにつながるのです。英単語や漢字など、暗記しなければならないものは、翌日から1週間後、2週間後、と間隔を空けて何度も復習するようにしましょう。

復習は繰り返せば繰り返すほど、記憶の定着につながります。面倒でも、その日のうちと翌日の2回は必ず復習をするようにしましょう。

まとめ

勉強がはかどらないと感じる人は、その日勉強することのゴールを決める、勉強する場所を変えてみる、休憩のとり方を工夫してみてください。復習は、その日のうちと翌日にすることで、勉強したことを頭に定着させることが可能です。

これらの方法は難しいことではなく、続けていくことができる方法ばかりです。それぞれの方法を試して、「勉強ができた」という達成感を感じると、やる気アップにつながります。このやる気こそが、さらに勉強がはかどる原動力になるのでぜひ試してみてください。