秋からが正念場!東大生が説く高2からやるべき文系数学の勉強法

秋からが正念場!東大生が説く高2からやるべき文系数学の勉強法

高校2年生の夏休みも終わり、そろそろ受験勉強が気になってくる頃だと思う。特に文系数学を受ける人は、苦手な数学をどうしようか悩んでいる人も多いだろう。

そこで今回は、高2のこの時期に文系数学の受験生は何をすればいいのか、文系数学の勉強法、国公立受験の文系数学の勉強のコツを伝授したいと思う。

これからやるべきことを明確にし、本格的な受験シーズンを迎えよう。

まずは学校の授業の範囲を勉強をしよう

文系数学を受験する受験生は、まずは高2のこの時期は学校の勉強に専念しよう。

これが理系だった場合は、「数2Bは終えて数3をやるべき」と主張するが、文系は数3がないのでとにかく国公立を受ける人もセンターしか数学を使わない人も数2Bの学校で残っている範囲に専念することが大事である。

微分積分とベクトルは重要単元

特に数2Bの最後の単元である微分積分とベクトルは文系学生にとっては重要な単元であるため、他の単元の復習などで乗り遅れてしまうとかなりきつくなってくる。

微積分はセンターにも必ずでてくる上、計算の分量が多く、計算ミスや途中で混乱して解けない受験生も多いためかなり差がつきやすい。

微積分は、国公立の文系の問題には毎年必ずといっていいほど出題されす単元で、設問のパターンが比較的少ない。そのため、しっかり基礎から学習すれば100%取り切ることができ得点源へと成長する大事な単元だ。

一方、ベクトルは文系にはかなり理解しづらい単元だ。かくいう筆者もベクトルが一番苦手であった。

ベクトルは国公立大学での出題率は高くない(例えば東大ではほぼ必ずといっていいほど出ない。)が、出ると大きな差がつきやすい単元なのだ。

センターでも毎年といっていいほどの出題率があり、ベクトルをきちんと理解していない受験生との差がつきやすい。

学校の勉強カリキュラムを第一に学習を

これらのことを考慮すると、文系受験生の場合、まずは学校の勉強を第一に考えて学習を進めていくことが大事だ。

学校の勉強に余裕がでてきたら各自センター対策や国公立受験の対策をすれば良い。

では、それらの対策は具体的にどうすればいいのか。それを次からの章で述べていこうと思う。

センター対策は専用の参考書で

センターでしか数学を使わない人にとって数学は英語や社会に比べてめちゃめちゃ重要度が低い。

しかし「苦手だから」といって必死に対策しようとするがそれでは合格を遠ざけてしまう。「数学はそこそこ取れればまあいいでしょ。」くらいの感覚で気楽に、進めていこう。

そして英語や社会に時間を回してあげよう。

まずはセンター試験の実際の問題を解いてみる

まずはセンター試験の問題を実際に解いてみよう。

すると、苦手な単元や得意な単元が見えてくる。ここで気をつけなければならないのは最初から基本をおさらいするのではなく、まずは一回解いてみて苦手な箇所を把握することだ。

センター試験対策専用の参考書を使用する

それから対策に入っていくが、基本的にはセンター対策専用の参考書を使用しよう。

理由としては、センターの問題形式は毎年ほぼ同じであり、かなり独特である。つまり普通の参考書では効率が悪い上、センターのみ受ける人はセンターさえ解ければいいのでセンター専用の参考書を使えばいいのだ。

間違ってもチャートなど分厚い本を使わないように。

センター試験対策のコツ

「各単元に苦手度」×「その単元のセンター試験における重要性」が高いものから対策していこう。

例えば対数と微積分両方とも苦手な場合は、重要度の高い微積分から対策する、ということだ。

そして問題は同じ問題を繰り返し解こう。解き方を身に染みこませることで、似たような問題が出題されるセンター試験を素早く正確に処理できるようになるからだ。

そして、何度も繰り返し解いて解き方が身についてきたら次の単元へといこう。ただし、他の単元をやっているときでも、前にやった単元の復習は忘れずに。

高2からできる国公立の文系数学勉強法

国公立の文系数学の問題は「基本問題」の組み合わせでできている。

ここでいう「基本問題」というのはよくある学校の数学問題集で「B問題」になっている教科書より少し難しいくらいの問題のことだ。

文系数学は基本問題を徹底的に解け

国公立の問題はこれら「基本問題」の集まりなので高2のうちはこれをきちんとできるようにしよう。方法としては、B問題レベルの問題を問題集で解いていって、できないところは答えをみて、あとで繰り返しできるようになるまで解き直すだけだ。

ただし、答えを見るときに「なんでこういう計算をするのか」という理由、解く時の考え方をきちんと理解しよう。

特に、何回解き直しても解けない問題は、問題のコピーをノートに貼って下に答え(いつもできない部分は赤で書いていた。)をかき、まとめてみよう。

文系数学おすすめ参考書

使用する参考書のオススメとしてはまずは学校の問題集が挙げられる。

それが嫌な人や学校の問題集に解説がついていない人は駿台文庫の「数学1A基本演習」「数学2B 基本演習」など、比較的薄く中くらいの難易度でまとまりがよく、解説が分厚い問題集をお勧めする。

模試を活用する

駿台模試、進研模試、河合模試、全統模試など、高校2年生向けに開催している模試を定期的に受けて自分の学力を確認するのも良い勉強方法だ。

同じ文系を志す受験生が高校2年の現段階でどの程度の点数がとれているのかを模試で確認し、自分の勉強の一つの勉強の指針としよう。

最後に

高2の数学は基本的には微積分とベクトルという重要事項の学習が最優先である。それができたら志望校に向けた基礎固めをしよう。

センターだけ受ける人はセンター対策専用の参考書を使った対策を、国公立を受ける人は「基本問題」をしっかり抑えることで高3の受験勉強に向けて弾みをつけよう。


ABOUTこの記事をかいた人

ムーミン谷のなまはげ(東大入試研究会)

東京大学工学部三年生。 「ラクに効率よく勉強する」と「楽しく勉強する」がモットーに受験を乗り切った東大生。参考書をめっちゃたくさんやった参考書ヲタク。ムーミンほど可愛くもなく、なまはげほど怖くもない。美味しい食べ物と可愛い動物に目がない。