【見逃し注意】嫌いな数学が即得意になる東大生流ミラクル勉強法

【見逃し注意】嫌いな数学が即得意になる東大生流ミラクル勉強法

数学をやらなきゃいけないのはわかっているけど何をやったらいいのかわからない。でも、数学が嫌いで問題を見てもまず何をすればいいのかわからない…という方。心配いりません。かつて受験生だった私もそうでした。

そんなあなたのために、自身の実体験もふまえながら『数学が嫌いだけど得意になりたい』という人向けの勉強法をおすすめ参考書も交えてお伝えしていきます。

数学ができない人の思考回路

まずはなぜ自分は数学が苦手なのかについて考えてみましょう。

皆さんは数学のテストを解くときに問題を見て、初めに何をすればいいかわからないことがありませんか?

計算ならできるのに、各分野の例題なら解けるのに、応用問題が解けない。問題を見て頭に何も浮かばず手が止まってしまうのが、数学ができない人の思考回路です。

数学ができる人の思考は?

では数学ができる人はどんな考え方をしているのでしょうか?学校にいるアイツはどんな問題でも見た瞬間頭の中で解法がスルスル思いつくものだと思っている方もいるかもしれません。

しかし、そんなことはありません。実は彼らにとってその問題、「一度は解いたことがある問題」なのです。

どういうことかというと、実は入試問題もあなたが学校のテストで解けない問題も基本的には基礎問題の組み合わせなのです。

この基礎問題は英語で言うと単語にあたります。英語の問題をイメージしてみてください。

単語を知っていれば容易に読めますが、単語を知らなければ何を言っているのか全く分かりませんよね。数学ができる人は天才でもなんでもなく、この基礎問題の解法をしっかり暗記している人なのです。

つまり、あなたも基礎問題を解けるようになれば、あとはそれを組み合わせる練習をすることでほとんどのテストや入試で良い成績をとることができるようになるのです。

基礎問題とは?

ここからは基礎問題とは何かについてお教えします。

基礎問題とは、ざっくりいうと青チャートなどの一般的な高校で配布される問題集に載っている問題の例題に当たります。

例えば二次関数の最大最小を求める問題ならxの範囲が指定されていた時、上に凸だった時など問題によって解き方が変わってきますよね。

二次関数ならばいったんsin cosを公式を使って簡単な形に直してから二次関数に帰着させて解く問題。微分積分なら(未修だったらごめんなさい)接点を置いてから解き始める問題。

それぞれの分野に頻出の問題パターンがあります。これが基礎問題なのです。

基礎問題集の取り組み方

さて基礎問題が何か、ざっくりと理解してもらったところでどうやって取り組むのかについて書きます。

先ほど例にあげた青チャートなどを根気よくやるのが最善なのですが、問題数が多くて嫌になっちゃいますよね。

ここで大胆に宣言しておきす。私は青チャートは1周もしてません。もちろん手は付けましたがなかなか続きませんでした(そもそもそれができるならこの記事読みませんよね)。

じゃあどうするのかって?簡単です。もっと薄い問題集をやればいいんです。

私がやっていたのは数研出版の『メジアン』という基礎問題集でした。

残念ながらこれは市販されていないので市販の参考書でおすすめのモノを挙げると、数研出版の『クリアー』や東京出版の『1対1対応の演習』などが効果的でしょう。

解説が詳しいもの(式変形を飛ばさずに書いている等)がオススメです。問題数は1A2B合わせて400問を超えない程度が理想です。

基礎問題のやり方

最後は基礎問題のやり方です。意外に思うかもしれませんが、3分考えて解き方が思い浮かばない問題は答えを見てOKです。そのまま答えを丸写ししてみましょう。

ここで重要なのは必ず今私が写しているのはどんな作業をしている部分なのか(二次関数ならグラフの向きを場合分けする、xの範囲を絞るなど)を理解しながら写すことです。

もし何の作業をしているかわからない部分があればすぐに学校や塾の先生や友達に聞いてみましょう。そしてわからなかった問題はしばらくしてから必ずもう一度やってみましょう。

この時に解き方がパッと思いつくなら解法の暗記に成功したことになります。

逆に、全くわからない、ちょっとでも思い出せない部分があるならもう一度答えを見て暗記しましょう(ここでもなんの作業をしているのかの確認を忘れずに)。

この過程をほぼすべての問題を見た瞬間解き方が頭に思い浮かぶようになるまで繰り返します。夏休み期間中なら勉強時間は一日2~3時間がよいでしょう。1日5~6問取り組んで暗記していきましょう!

最後に

数学が嫌いだけど得意になりたい人向け勉強法を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した方法を2~3か月取り組んでみてください。今まで手が出なかった問題が「あ~このパターンね」「これは二次関数に帰着させるだけ」といった感じで解法が見えるようになってきますよ。

皆さんの健闘を祈ります。


ABOUTこの記事をかいた人

会長(東大入試研究会)

東京大学文科三類一年。Twitterの沼にはまった元数弱受験生。塾に通わせないという方針の家だったので自前の勉強法で何とか現役合格を果たしました。大食漢で野球オタク。生徒会長でした。