なぜ君は数学が苦手なのか〜原因分類と対策方法|東大入試研究会

なぜ君は数学が苦手なのか〜原因分類と対策方法|東大入試研究会

「数学が苦手」という言葉は受験生時代はもちろん、塾講師のアルバイトをしている今でも腐る程聞くセリフである。

ただ、苦手苦手とは言っても「何故苦手なのか?」まで考えようとしている人は驚くほど少ない。当然ながら、苦手である原因がわからなければ得意になれようはずもない。

よってこの記事では「数学が苦手である」ということを原因別に分類し、それらを克服する手段について考察していこうと思う。

まずは苦手を分類してみる

分類を行うにあたって、まず数学の問題を解く際のプロセスについて考えてみる。問題に正答するまでのステップとして、以下の4つがあると考えられる。

  1. 必要な基礎事項・公式などを知っている
  2. 問題に対して適切な方針を立てることができる
  3. 方針を具体的に落とし込むことができる
  4. 計算などをミスなく正しく行うことができる

これらのステップのいずれかが足りていないことが問題を解けないことに繋がるため、これらができないことが苦手の要因であると考えても良いだろう。それでは、これらのステップの各段階についての詳細と対策を考えていこう

基礎事項・公式が苦手な場合

覚えておくべき基礎事項が頭に入っていなければ当然問題も解けない。

これを改善していくためには、公式や問題の考え方を暗記したり、問題演習などを通じて地道に覚えていくこと以外に方法はないだろう。

公式であれば、導出から自分で行うことで深い理解を得たり、どうしても覚えにくいものは語呂合わせなどを使って覚えたりなど、様々な方法を駆使していけると記憶に定着しやすいかと思う。

いろいろ試行錯誤しつつ自分に合った方法を見つけて欲しい。

方針を立てるのが苦手な場合

いくら基礎事項が頭に入っていても、問題の解き方を知らなければ問題を解くことはできない。

与えられた問題に対して、どういった理由からどういった方針を用いることが望ましいのかが理解できること、つまり問題文から全体的な方向性を読み取ることが数学の問題を解く上では非常に重要となってくる。

これを鍛えるためには基本的には問題演習を行い、様々な問題に対しての経験を多く積んでいくしかない。

しかし、方針を立てる力を鍛えることのみを考えるのであれば、問題文を読みそれに対しての方針を頭の中で考え、その後に答えを見て方針が正しかったか確認し、立てた方針が間違っていれば、なぜ間違えてしまったのか考え修正を行う。こういったことを繰り返すことでも実力はつく。

ただし、この方法では、方針を立てること以外の実力は基本的に伸びないため注意が必要である。

落とし込みが苦手な場合

方針が問題全体についてのものだったのに対し、こちらは問題の各部分についての細かい点についてのものである。

方針を実行していく上で問題となってくる細かい部分についての処理が正しく行えるか、ということがポイントになってくるのだ。

方針が立てられてもそれを実行することができなければ意味がないため、これも重要なスキルと言えるだろう。

これを鍛える方法であるが、基本的には問題演習を数多く行い、様々なパターンの問題に触れることで問題パターンごとの処理や考え方を身につけていけば良いだろう。

計算をミスなく行うのが苦手な場合

意外と見落としがちであるが、当然これも数学において非常に重要になってくる。方針が立てられ、細かい部分までカバーできていても計算ミスを一つでもすれば点数は吹き飛んでしまう。

ケアレスミスは致命傷

ケアレスミスで点が飛んだけど方向性は合ってたから大丈夫、最後の計算以外はあってたから大丈夫、などと言う輩は受験生時代に腐るほど出会ったが、端的に言って論外である。

演習や模試の時に犯した計算ミスを本番に限ってはやらかさない理由はないし、なんなら緊張感が加わる分本番の方がミスは起きやすい。

計算ミスも含めて実力のうち、ということをどうか忘れないで欲しい。

ケアレスミスの克服方法

さて、そんな計算ミス・ケアレスミスについての対策であるが、無意識にやってしまうものだし個人個人でミスしやすい箇所も違うため、なかなか一般的な方法を挙げるのは難しいが、強いて挙げるとするなら

  • 常にケアレスミスをすることを念頭に置きつつ答案作成を行うこと
  • ケアレスミスした箇所を記録しておき、自分がどんな場所でミスしやすいか知っておくこと

などは有効であろう。ただ、ケアレスミスを極力減らすことはできても、完全になくすことは不可能なため、ケアレスミスが起こることを前提とした上で目標設定や点数配分を行っていくと良いだろう。

ちなみに筆者はミスをしやすいタイプであったため、計算の多い数学・化学はミスすることを前提として5~10点ほど自分が求める得点より高い点数を取るように目標を設定していた。結局本番では数学で問題文を読み間違えて20点落としてしまったのだが。

最後に

この記事では数学の問題に正答するまでに必要なステップを大きく4段階に分け、それぞれの段階について解説を行なった。

問題を解く際に自分がどの段階で躓いているのか意識し、その段階を重点的に演習などで改善していくことは、闇雲に問題を解き進めるよりかなり効率的に弱点を補強することが可能となるため、ぜひ普段の勉強に取り入れていただければと思う。

あわせて読みたい記事

【見逃し注意】嫌いな数学が即得意になる東大生流ミラクル勉強法

2017.11.09

数学を受験の武器にしよう!苦手の理由と克服方法を徹底解説

2017.11.09

青チャートや赤チャートの違いは?チャート式の難易度を東大生が解説

2017.11.06

数学の苦手意識を克服!今すぐできる4つの対策

2017.11.05

東大生はこう使う!面白いほど結果が出る青チャートの勉強法と使い方

2017.11.05