秋以降を見据えた夏休みの基礎固め、東大生が語る受験対策

あなたは何派?東大生が解説する夏休みの宿題やっつけ術5選

受験で勝てる人はどういう人か-その要件はいろいろあるが、早い時期に基礎が固まっていることは非常に大きな要素である。

理由は簡単。基礎固めが早く終われば、その分入試の傾向の分析や過去問の演習に割ける時間が多くなるからだ。特に難関校には早い時期の基礎固めがあとあと効いてくる。

勉強時間の取りやすいこの時期に、受験に向けての基礎固めをすることを意識していただきたいと思い、今回の記事をお届けしたいと思う。

秋以降を見据えた夏休みでの基礎固めの重要性

基本的に、学習において春より夏、夏より秋、秋より冬にやることが難しいのが一般的で、数学ではこの傾向が顕著である。

学校によるが、高1であれば三角比に入り覚えることが増えていく。高2であれば微分積分という高校数学の核に入ることとなる。

夏休みが終わった後にこういった難しい分野を理解しつつ、以前の分野での苦手をつぶすのは茨の道と言えよう。さらに、前学習したことを土台として次の分野が展開されていくことも多く、これまた数学で顕著な傾向である。

このため、苦手が苦手を呼んで成績がどんどん落ちていくか勉強時間を無理矢理でも増やしていくかという悪いシナリオに導かれてしまうのだ。

楽しみを犠牲にする必要はない

このように、夏休みにどれほど受験勉強の基礎を固められるかは今後に大きな影響を与える。しかしながら、高校生の夏休みは忙しいのもまた事実である。

部活動や宿題に追われる人もいるだろう。学校によっては夏休みに次の学期の学校行事の準備をすることになるかもしれない。人によっては趣味を、あるいは友人や恋人との時間を大事にしたいという気持ちもあるかもしれない。

そういったことを犠牲にするほどこの夏にやっておくべきことが多いことは決してない。私は高校生活を捨てて学力をとった身であるが、「受験生ではない高校生の夏」でやるべき勉強でもないなと今から振り返ってみると思うこともある。

それらを前提とした上で、ここからは私がこの時期に是非ともやってほしいことを厳選してお伝えする。

まずは宿題をこなす

勉強がはかどらない時どうしたらいい?試してみるべき4つの方法

宿題というものは先生方が今の時期にここまでできるようになってほしい、そうでないと後で苦しくなる、と見通しをつけて出しているものである。したがって、受験を視野に入れているのは当然であり、だから宿題をこなすことが受験に向けた勉強になる。

まずは宿題をやること。これが夏休みの勉強の第一歩であり、基礎固めの一部であることはもういうまでもない。

しかし、これでは少し足りない。というのも宿題は各個人のニーズまでは満たせないからだ。

つまり、宿題に加え、各個人の得意と苦手に合わせた作業をしないと基礎固めは十分には達成されないのだ。

おすすめ記事>>終わらない宿題対策「答えを見る勉強法」を東大生が徹底解説

宿題では欠けるもの

では、自主学習としては何をするべきか。

大学入試の問題を見るのは、受験生になってからで十分である。解説を読んだところでなかなか理解が深まらず、時間の無駄遣いとなるケースがほとんどだからだ。

宿題は、授業で習ったことの再確認、すなわち「インプット」の作業が多くを占める。そこで、宿題を終えて時間に余裕ができたら、「アウトプット」である問題演習をやってみよう。

そのとき、問題集として大学入試レベルのものを選択する必要はない。この時期にやる問題演習の目的は頭を回転させて手を動かしてみることなので、むしろ極めて簡単に思えるくらいの問題集が適しているのだ。

得意科目で少し刺激が欲しいという場合は大学入試センター試験の過去問を解いてみるといいだろう。だが今はそれが解けなくても心配することは全くない。

基礎固めの目標

基礎固めとして夏休みが終わるまでにどの程度まで達していれば良いか-これは実に難しい問いである。

基礎固めの穴を見つけることが困難な上、基礎固めが完了していても問題が解けること-つまりは『得点』には繋がらないのが現実だからである。

夏休みの終わりの8月下旬には、模試を受ける機会があるだろう。その時は基礎固めの穴を見つける絶好のチャンスである。

得点を意識する必要はない。どの基本事項を使うかが思い浮かぶかどうかが大事である。その模試で欠けているのは応用だけと言えれば、基礎固めは成功したと言えるだろう。

最後に

夏休みに基礎固めをすることは後の学習効率に大いにプラスに働く。このフィードバックが夏の終わりまで来ないのが苦しいが、ぜひ頑張ってほしい。

何も趣味まで殺すことはないのは先に述べた通りである。宿題に1時間だけでも、15分だけでも、夏休みトータルの勉強にかさ増しするだけで、非常に大きな学習効果が得られる。

この記事が、今これを読んでいる高校生の道しるべとなってくれることを願う。