東大生が斬る!夏休みにしておくべき数学の定期テスト対策って?


夏休みの宿題も大変なのに定期テスト対策なんてやってられるか、と思う人は多いだろう。

実際僕も夏休みに2,3ヶ月後にある定期テストに向かって勉強したことなんてない。では、夏休みには一体何ができるのか。

それは定期テストで点が取れる「やり方」を身につけることだ。今回は、夏休み以降の定期テストで数学の点数をとるための対策について話したいと思う。

夏休みは学ばなくてOK?

気をつけて欲しいのだが、学ばない=勉強しないではない。新しいことを手に入れようとしなくていいのだ。

時間がたくさんとれる夏休みに、「復習もしっかりして予習もしたら2学期から最強じゃね?」と思うのも無理はない。

それはもちろん何も間違っていないのだが、そんなことをできる人はほとんどいない。ちなみにたとえ東大生でも、予習も復習もしっかりやって二学期に臨むと言いつつ全くできないという末路をたどる人を多く見かけた。

夏休みは新しいことを学ばずに、今まで勉強してきたことの復習に集中して取り組んでみよう。それこそが2学期から最強の自分になるための近道なのだ。

予習をしている人たちと比べる必要はない

特に地方の高校生が懸念しているところではないかと思う。僕自身もそうだったが、中高一貫校では高校2年生くらいから本格的に入試の演習に入っていることを考えると、今ちんたら復習に時間を割いていていいのだろうか、と不安に思うことがあるだろう。

現時点で習った範囲が完璧な天才はそうしてもいいだろうが、そうでない(僕も含めた)凡人は復習をしっかりしない限り、予習をしても訳が分からなくなって結局何も身に付かずに終わってしまう。

特に数学は積み重ねの教科なので、前に習った内容がおぼろげなままに次の段階に進んでいくようなことはありえない。

夏休みは次の定期テストの基礎になる今習った範囲をしっかり習得することに尽力して欲しい。

どのように数学の復習に取り組んだら良いのか?

今まで読んできて復習が大事だということはわかってもらえたと思う。しかし、それだけでは最強の自分には程遠い。復習の仕方が間違っていると意味がなくなってしまうからだ。

ポイントはたった一つ。「なぜ?」を解決することだ。問題を解く時に出てくる「なぜこの場合分けをするのかな」「なぜこの式をあてはめるのかな」とかいう疑問をなくすことだ。

それらが分からないと類題が出た時に対応できなくなってしまう。じゃあその疑問点を見つけるにはどうすればいいか。

僕がオススメするのは声に出して説明することだ。ここがこうだからこうなって…という感じで問題を順番に先生になったつもりで説明していく、そこでつまったところが自分のできてないところだ。社会や理科などにも使えるので余裕がある人はぜひ実践してみてほしい。

時間が取れない場合は

確かに自分で説明できるようになるまで復習すればいいということはわかった。

しかし、まだ部活があったり、他の教科の勉強に追われていたりと、数学の問題なんていちいちしてる暇なんてないよ、という人がほとんどだろう。

復習をする時にどの問題から取りかかればいいかをしっかり見極めなければ、不完全燃焼で終わってしまう。まず復習するべき問題は「宿題にあったけど解けなかった問題」だ。当たり前のことだが、解けなかった問題には自分のニガテがたくさんつまっている。

もうすでに解ける問題を何度やっても進歩しないのだ。しかも宿題の問題というのは極端に難易度が高いものがないことが多い。

そのレベルを完璧にすることが定期テスト、さらにはセンター試験などでの高得点につながってくる。もし夏休みの宿題が出ていない人がいたら、学校などでもらった問題集の「標準レベルで解けない」問題についてやっていくことをお勧めする。

いざ定期テスト前!何をするべきか

それでは夏休みにしっかり復習したら、定期テスト前には何をしたらいいだろうか。

今まで話したような「なぜ?」を潰して行くやり方は、自分の理解を深めるのに合っているのだが、いかんせん時間がかかる。

これを定期テスト直前にしていては復習が追いつかないままテスト当日になってしまって、結局半分くらいしか解けなかった…ということになりかねない。理想としては、定期テストの1週間くらい前から計画を立てて実践できればいいのだが、僕自身もそんなに計画性のある方ではなかったので難しかった。

定期テスト直前で時間がない、と焦った時には「自分がなんとか解ける」問題を完璧にして、その後「解けなかった」問題に取り組んでみよう。

ただし、ここで復習しきれなかった「解けなかった」問題は印でもつけておいて、長期休みで必ず確認すること!そうでないとわからないという感覚が積み重なって新しい分野に進めなくなってしまう。

まとめ

今回の記事で話したことを簡単にまとめてみよう。

  1. 夏休みは復習の時期、見栄を張って予習をするな!
  2. 夏休みは「解けなかった」問題を全部潰すつもりで
  3. 定期テスト前は、「ギリギリ解ける」→「解けない」の順番で
  4. 「解けなかった」問題は必ず復習!

こんな感じだ。耳にタコができるほど言われているだろうが、数学は積み重ねの教科だからどこかで大きくつまづいてしまうと、それから解けない→面白くない→取り組まない→解けない…の無限ループに陥ってしまう。

せっかくある夏休みの期間を生かして、ニガテ克服、2学期からの定期テスト覚醒!となるために頑張って欲しい。


ABOUTこの記事をかいた人

みゃっふ(東大入試研究会)

東京大学文科一類1年生。 「理解すれば忘れない」をモットーに、声に出して説明しながら覚えるという勉強法を軸に受験を戦った。純粋に問題が好きなので受験期には模試っぽく作問して友達に解かせて楽しんでいた。ニックネームには深い意味はない。語感が良いので気に入っている。