数学を受験の武器にしよう!苦手の理由と克服方法を徹底解説

数学を受験の武器にしよう!苦手の理由と克服方法を徹底解説

この記事を読んでいるあなたは、数学にどのような認識を持っていますか?

もし苦手な理由を探して納得しているとしたら、それは間違いです。筆者も東大受験を経験していますが、大学受験においてほとんどの科目に言えるのは、結局は努力で押し切れるのです。

今回は、筆者の受験生時代の実体験も交えて苦手の克服方法を解説します。

この記事を読んで、数学を得意科目にしよう!という気持ちになっていただければ幸いです。

あなたは数学が得意?苦手?

受験においてまず一番大事なことは、自分の長所・短所を把握することです。あなたにとって数学は得意科目ですか?

得意かどうかを判断するにあたって、有効なのは『模試の偏差値』です。

定期テストは、授業でやった問題を解けば点が取れるようにできていて、必ずしも学生の数学の実力を反映しません。

模試をみて、自分がどの分野を得意としているか、どの分野を苦手としているかをしっかり把握しましょう。

数学ってどのくらい重要?

数学が得意、苦手という前に、そもそも数学は受験においてどれくらい重要なのでしょうか。

あなたが単純に学歴だけを欲するならば、はっきり言ってそこまで重要ではないでしょう。

私立最難関の早稲田大学・慶應義塾大学に入るために数学を学ぶ必要は必ずしもありません。私立文系なら、数学を必要としない学部は余るほどあります。

しかし、文系の国立大学、または理系を目指すとなれば話は変わります。センター試験から数学が課されるようになり、苦手科目のまま放置していると確実に足を引っ張ります。

加えて、数学の実力は一朝一夕で付くものではありません。それなりに時間をかけて熟成していく必要があります。

もし私立文系以外を志望するのであれば、早い時期から意識して数学を勉強する必要があるでしょう。

数学を苦手に感じてしまう理由

もしあなたが数学を苦手としているのなら、考えられる理由はいくつかあります。

1つは、問題を解いた経験が絶対的に少ないというものです。

数学は一般的には暗記科目ではなく応用的な要素が強いため、“わかる”から“できる”までにかなりの差があります。授業を聞いてわかった気でいても、テストで思ったような結果が出ないというのはそれが原因です。

問題を解いているのに苦手だ、というのであれば、復習が足りないということが考えられます。知識の定着にはある程度時間をおいて復習することが不可欠です。

ある時点で授業についていけなくなって分からなくなってしまった、という方も少なからずいるでしょう。

私も勉強を辞めていた時期があり、そこから復帰し一念発起して勉強しようとして、問題集を開いてみても手を動かせず絶望的になった経験が幾度となくありました。

そのような人でも、諦めず続ければ必ず苦手を克服することができます。努力を地道にするのが一番の近道です。

塾には行くべき?

苦手を克服しようにも学校の授業にはついて行けないから…という理由で塾に行く人は少なくないと思います。

個別指導塾だったり、ビデオ授業を受けられるような予備校だったり、集団塾だったりとさまざまな種類があると思います。

大切なのは、「塾で何をするか」を意識することです。なんとなく授業を受けてその復習をして…とやっていても、成績が伸びるとは限りません。

自分ひとりで勉強するのが苦手な人は、個別指導塾で勉強のスケジュール作りを援助してもらうべきですし、分からない部分を明確に把握できているならそこに該当する講座のみを予備校で受講すれば十分です。自分に合った塾をしっかり選びましょう。

苦手分野を探そう

数学という科目の中には様々な分野が存在します。2次関数・確率・数列など、それらは似ているものもありますが完全に別物なものもあります。

実際、数学が苦手と言っても、関数分野が苦手な人、図形ができない人、確率がどうしても理解できない人など、さまざまなパターンがあります。

自分がどれを苦手としているのかを、しっかりと把握しておきましょう。

苦手を克服しよう

苦手分野を把握したら、そこを重点的に改善していきましょう。

確率ができない人が、2次関数をひたすらやっても苦手克服は達成できません。また、ここで重要なのは自分にあった参考書を使うことです。

中経出版の「面白いほど」シリーズやチャート式などは解説が充実しており、分野別の学習がやり易い内容になっています。

また、学校の先生など頼れる人がいる場合には、問題集を解いて、解説を読み理解できない場合ひたすら質問をするなどの方法を取ってもよいでしょう。

先ほど言ったような、問題文を読んでも全く手が動かないというような人は、問題を見た後にすぐ解説を読んでみるというのも良い方法です。そしてその解説をなるべく理解した上で暗記してしまうというのも悪くないでしょう。

いくつか暗記しているうちに、パターンが見えてきて、初見の問題を解けるようになっていきますので、地道に学習しましょう。

最後に

数学が苦手な人は多いと思います。できないものはとりあえず解説を読んでみる、全く分からなければ暗記してみる、というのは苦手をとりあえず克服するコツです。

そうして数学の楽しさに気付ければ、問題を解くだけで成績が上がるようになって行くと思います。受験生のみなさん、頑張ってください!


ABOUTこの記事をかいた人

はじ(東大入試研究会)

東京大学教養学部文科一類2年。地方の中高一貫校から、予備校・塾に行かず2年ほど独学で地力をつけて現役で現在の大学に合格しました。現在は司法試験予備試験の対策のため法律を学んでいます。